« 2014年5月 | トップページ | 2014年7月 »

雨の日でも!

こんにちは~。

いや~。

梅雨らしい雨ですね。

そんな中僕の友達、ドイツ人のニックさんからBBQをやるから来ないか?とお誘いを受けました。

もちろん断る理由はありません。

でも手ぶらで行くのはナンなのでビールをしこたま買いこみました。

僕だけが飲むなら「第3のビール」でもいいけどそこは招かれた身。

「アサヒ・スーパードライ」「キリン・ラガー」「一番絞り」「サッポロ・黒ラベル」「エビスビール」「サントリー・プレミアムモルツ」など多種多様なビールを買いました。

それらを持ってニックさんのお宅までてくてく。

ニックさんのお宅は同じ住宅街。

すぐそばです。

モモとミオもお招きに預かったので一緒に行きました。

ニックさんのお宅に到着すると「イヤ~、ヒサシブリ。サア、ジュンビデキテルヨ。モモモミオモオイデ!」って案内されたのはウッドデッキの軒下。

なるほど。

これなら雨を防げる。

ニックさんの愛犬ノブナガ君はモモとミオの来訪にはしゃいでます。

モモとミオも負けず劣らずはしゃいでたけど。

僕がビールを差し出すと「アリガトウ。サッソクノミマショウ。」と言ってグビリ。

か~~~っ!

本物のビールは旨い!

ニックさんの奥さんがドでかい肉の塊を持ってきて切り分けてBBQ開始。

匂いを嗅ぎつけたノブナガ君とモモミオはガン見してます。

さっきまで一緒にドタドタ遊んでたのに。

お肉がジュウジュウ。

ソーセージもジュウジュウ。

お野菜もジュウジュウ。

ワンコ達は待ちきれない様子。

「サテ、タベマスカ。」とニックさん。

お肉まいう~。

ソーセージまいう~。

野菜まいう~。

そしてビールまいう~。

ノブナガ君はニックさんからお肉をもらってました。

モモとミオもニックさんからお肉もらってました。

モモとミオはニックさんのこと大好き。

優しくナデナデされながらお肉をパクつくモモミオ。

これで一層ニックさんのことが更に大好きになったかな。

食べ終わってもノブナガ君とモモミオはニックさんをガン見。

その視線に負けたのかニックさんは一際大きいお肉をワンコ達にあげてました。

ふう~、食べた食べた。

しばらくニックさん夫婦とお話をして家に帰りました。

僕も満足。

モモミオも満足顔。

楽しい時間を過ごさせてもらいました。

ニックさん。

また呼んでね!

今度は僕がご招待する番かな。

...。oо○**○оo。...。oо○**○оo。...。oо○**○оo。

今日もお越しくださり誠にありがとうございました。

とっても嬉しいです。

| | コメント (17) | トラックバック (0)

不届きモノ!

アンニョンハセヨ~。

こんにちは。

ムシムシしますね~。

只今時間は深夜3時。

外では雨が降っております。

不快指数高いな~。

エアコンの除湿機能大活躍です。

昨日の朝、モモとお散歩してたら貸倉庫の前に1台の車が停まってました。

それだけならナンの問題も無いんですがどうも辺りがシンナー臭い。

車は商用バン。

リアのハッチゲートは開いたまま。

荷台の荷物から察するに塗装業の方のようです。

モモが車に興味を持ったのかリアの荷台に近づいたところ「コラッ!アッチ行け!」って罵声が。

どうやらこの車の持ち主さんらしい。

これは僕が悪かった。

『どうもすいません。』と頭を下げてその場を通り過ぎようとするとその人は田んぼの水でペンキ缶を洗ってる。

そして車に戻り今度は別の缶を持ってきて中身の液体を道路に撒き散らしました。

辺り一面シンナーの匂い。

どうやらシンナーを捨てたようです。

これは見過ごせない。

『あの~。今道路に捨ててた液体。シンナーですよね。それはちょっとマズイんじゃないですか。ココ、通学路だし。』と僕。

僕もよせばいいのに。

「それがどうした!シンナー捨てたらイカンのか!」と相手の人。

僕はこの人ヤバい!と思ってひるんでしまいましたがココは一発男を見せねばと『辺り一面シンナーの匂いがするんですよ。やめてもらえませんか。』と僕。

相手は逆上して来るかと思い思わず体をすくめましたが相手は無視してそのまま行ってしまいました。

ナンてヤツだ!

モモはシンナーの匂いでくしゃみが止まらず。

早々にその場から立ち去りました。

シンナーは気化しやすいですから。

どこからともなくやって来るこの敗北感。

くっそ~。

でも下手に更に注意すると相手はもしかしたら逆上してきたかも。

モモは家に帰ってもくしゃみしておりました。

相当強烈な匂いでしたから。

もうモモのくしゃみはおさまりましたが。

こんなことするヤツの気がしれませんでした。

モモは大丈夫です。

なんか納得いかないな。

...。oо○**○оo。...。oо○**○оo。...。oо○**○оo。

今日もお越しくださり誠にありがとうございます。

なんだか愚痴みたいになってしまいましたが最後までお付き合いありがとうございました。

とっても嬉しいです。

| | コメント (15) | トラックバック (0)

亀さん。

ヴォンジュ~ル、マドモワゼ~ル。

こんにちは。

いや~。

ムシムシしますね~。

モモもミオもぐったりです。

そんな中でもお散歩は喜んで出かけます。

夕方、小学校の方へ向けてモモとてくてく道路を歩いてるとモゾモゾと道路を渡る謎の物体が!

そうです。

亀さんです。

この近辺じゃ毎年この時期になると亀さんが大発生。

農業用水を埋め尽くしております。

おそらくこの亀さん。

農業用水の混雑ぶりに嫌気がさして新天地を求めてさ迷い出たんでしょう。

モモは亀さんに興味津津。

おっかなびっくりで匂いをクンクン。

当然亀さんは頭と手足を引っ込めて防御体制。

『モモ。亀さんをいじめてはダメなのぢゃ。』

道路の真ん中で手足を引っ込めて全く動かない亀さん。

このままでは車に轢かれてしまうと思い反対側の田んぼの畦に移動させました。

亀さんにとっては迷惑極まりないだろうけど。

しばらくモモと様子を見てると亀さんすごい勢いでダッシュして田んぼの水の中へジャンプ!

あまりの速さに僕はビックリ!

モモは驚いて尻餅をついてました。

まさかあのゆっくりとした動きの亀さんがあんなに機敏な動作を見せるとは!

初めてみました。

モモにもいい体験になったことだろう。

( ´艸`)プププ

さて、晩ご飯。

スーパーに行ったら鮎が売ってたので即買い。

夏の川魚鮎。

少々お高かったけれど。

僕は鮎の塩焼き。

モモとミオにはただ焼いただけの鮎。

小骨は取ってあげたけどまだ残ってたかな。

モモとミオは鮎を食べて満足顔。

僕もビールと共においしく鮎をいただきました。

鮎。

うまい!

モモ。

ミオ。

鮎は美味しかったか?

★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜

今日もお越し頂き誠にありがとうございます。

とっても嬉しいです。

| | コメント (16) | トラックバック (0)

お友達と外食。

こんにちは~。

モモとお散歩してたらワンコお友達のトイプーのまろんちゃんに逢いました。

ムムッ!

遥か向こうからやって来るのはまろんちゃんではないか?と思ってるとモモはお座りしてしっぽブンブン。

まろんちゃんもちっちゃい体で一生懸命に飼い主さんを引っ張っています。

元々モモとまろんちゃんが初めて逢ったときはまろんちゃんがモモのことを恐がってたな~。

まろんちゃんとモモでは大きさが違いすぎるし。

でも何回も逢ううちにまろんちゃんもモモに興味を持ったようでお尻の嗅ぎあいのご挨拶から始まって今じゃ仲良しさん。

まろんちゃんのほうからモモにじゃれついて来ます。

まろんちゃん。

実に嬉しそう。

モモも嬉しそう。

そうそう。

まろんちゃんの飼い主さんはファッションが実に個性的。

ウェスタンハットを被りレザージャケットをはおって腰にはピストルを入れる様なカバーを下げてジーンズに編み上げブーツを履いてらっしゃるお洒落な方。

いつも僕に話し掛けてきます。

「ウチの娘が○○さん(←僕のこと)のお嫁さんになってくれるといいんだけどな~。」とか「一度娘と逢ってくれないか。」とか。

僕は『イエイエ。僕なんか全然ですよ。』と答えるので精一杯。

聞けば娘さんは27歳とか。

歳が違いすぎます。

一度娘さんと一緒にまろんちゃんとお散歩されてる姿を見かけましたが娘さんはそりゃもうきれいな方。

彼氏もいらっしゃるだろうに。

これで僕の結婚への道のりは遠のいた。

僕、ここだけの話。

実は期待しておりました。

社交辞令をまともに受け取ってた僕。

恥ずかしい~~~~。

そんなこんなで晩ご飯の時間。

モモとミオにご飯を食べさせて久々の外食。

行ったのは近所にある「興楽苑」という中華屋さん。

お店はどこにでもある中華料理屋さんの雰囲気です。

僕の中では星★★★のお店。

ラーメンと餃子がおいしいです。

僕は味噌チャーシュー麺と餃子、そして炒飯を頼みました。

僕の鉄板です。

注文した料理をいただくと『やっぱりウマイ!』。

お会計を済ませて家に帰るとモモミオが僕の口周りをクンクン。

ラーメン食べたのがバレちゃったかな。

皆さんはラーメン。

醤油派?

それとも塩派?

もしくは味噌派?

○o。+..:*○o。+..:*○o。+..:*○o。+..:*○o。+..:*○o。+..:*

今日もお越しくださり誠にありがとうございます。

とっても嬉しいです。

| | コメント (15) | トラックバック (0)

実家へGO!GO!GO!

こんにちは。

杉 良太郎です。

って違うかっ!

またまたこのオープニングで始まってしまった。sweat01

う~~~~~ん。

腰が痛い。

もしかして今更事故の後遺症が出たか。

それとも単なるぎっくり腰か。

とりあえずお医者さんには行きましたが。

金曜日の深夜。

名古屋港の金城埠頭に釣りに出かけました。

モモとミオはお留守番。

でもさっぱり釣れず釣果はゼロ。

まあまあこういうこともあるもんです。

お魚ちゃんにそっぽ向かれちゃったかな。

がっかりして帰って来るともう土曜日の朝。

布団に横になってると実家から電話がありました。

「今日焼肉やるから食べにおいで。モモちゃんとミオちゃんも連れて来てね。」って。

僕が交通事故に遭って母親と兄貴と義姉は心配してるみたいです。

夕方兄貴が迎えに来てくれてモモとミオも車に乗ってぶ~~~~ん。dogdogrvcardash

実家に着くとモモとミオは「うわ~~~~い!happy01」って玄関へ。

待ってた甥っ子と遊んでました。

僕と兄貴は早速ビールで乾杯です。

兄貴曰く「お前が事故に遭ったって聞いてホントーにびっくりしたよ。」

『悪い、悪い。心配かけてゴメン。入院中モモとミオを預かってくれてありがとう。』って僕。

ビールを飲み干して次は日本酒。

銘柄は「剣菱」と「黄桜」。

スイスイ飲んでしまいました。

「準備できたよ~。」の声に食卓へ行くとてんこ盛りのお肉と野菜。

これは食べ甲斐がありそうだ。

モモとミオのご飯もカリカリと野菜の上に牛肉を焼いたものが乗せられてます。

贅沢なことなのぢゃ。

お酒を飲みながら焼肉。

あれだけあった牛肉がすっかり無くなってしまいました。

もちろん野菜も。

デザートはさくらんぼ。

今年初です。

しばらく休憩して母親の車で家まで送ってもらいました。

いつもならお酒を飲み過ぎて足に来てしまうところだけど今回はある程度お酒をセーブしました。

玄関に入るとモモとミオはダッシュでそれぞれお気に入りの場所に。

しばらくしたら「スースー」寝息をたててましたヨ。

やっぱり落ち着くのかな~。

寝顔がかわいいモモとミオ(←親ばか)。

その姿を観てたら僕も眠くなって布団に入ってすぐに寝ちゃいました。

寝不足だったからな~。

よ~く眠れました。

モモもミオも翌朝寝坊。

( ´艸`)プププ

しっかり寝たようです。

モモ。

ミオ。

気持ちよかったか。catface

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

今日もお越しくださり誠にありがとうございます。

とっても嬉しいです。

| | コメント (10) | トラックバック (0)

モモ=桃?

ナマステ~。

こんにちは。

前回の記事ではお騒がせしました。

僕はピンピンしておりますので。ハイ。good

う~~~~~む、と言いながら腰が痛いぞ。

またぎっくり腰か?

さてさて。

桃農家を営む親戚から早くも桃が届きました。

旬の走りの更に走りじゃないかな。

もうそんな時期か~。

早速頂いてみました。

ウン!

みずみずしくて美味しい!

でもちょっと甘味が薄かったかな。

貰っといてこんな事言うのナンだけど。

早速モモ様ミオ様に献上。

種と皮は取ってあります。

モモ様ミオ様は匂いをクンクン嗅いで慎重な様子。

「なんだろう、コレ?」って感じ。

『姫様達!去年もコレ食べましたぞよ!』

モモ様ミオ様はひとくちパクリ。

あまりの美味しさにパクパク食べておりました。

この時期に桃が食べられるなんて贅沢なことなのぢゃ。

満足しましたか。

桃を送ってくれた伯父さん。

ありがとう!

そしてそしてもうひとくさりお話を。

我が家に古くから設置されてる空気交換器。

空気清浄機じゃないですよ。

空気交換機ですよ。

かなりの年代モノで紐を引っ張ると外気と空気の入れ替えをしてくれます。

もちろん外に繋がってて部屋の中ファンと外の排気口はワンセットです。

そんな空気交換機にスズメが巣を作りました。

これでは空気交換機が使えません。

まあ滅多に使うことは無いんですけどね。

毎日毎日空気交換機からチュンチュンバサバサと音が聞こえてきます。

もしかしてヒナでもいるのかな。

そんな空気交換機からの音が気になるミオ。

音がする度空気交換機を見つめております。

でもミオには何も出来ません。

襲おうという気持ちは無さそうです。

ただちょっと気になってるだけかな。

スズメさん達。

安心して暮らしてくれたまえ。

キミ達の巣立ちまで見届けてあげますからね~。

♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:

今日もお越し頂き誠にありがとうございます。

とっても嬉しいです。happy02

| | コメント (17) | トラックバック (0)

復活!

アンニョンハセヨ~。

こんにちは。

5日間ほど休んじゃいました。

と言うのも僕が車にはねられて入院してたから。

モモとのお散歩中後ろから車に突っ込まれて気付いたら僕は車のボンネットの上に。

その瞬間のことはよく覚えてません。

幸い車のスピードが出てなかった様で僕はかすり傷ひとつ負わず。

はねられてしばらく訳が分からず真っ先にしたのはモモはどこか?って探したこと。

モモははねられることもなく無事でした。

僕はその場から立ち去ろうと立ち上がりましたが車の運転手の女性の方が「救急車呼びますから病院行ってください。」って。

僕は『大丈夫です。平気ですから。』と訳の分からないことを言ってました。

人間、なにかが突然起きると訳わかんないこと口走っちゃうモンなんですね~。

そんなこんなで救急車で運ばれた僕。

モモのことは偶然事故を見てた近所の人に「玄関開いてますから。」と託しました。

大分前にも似たようなことがありました。

これで車にはねられたのは2回目。

ある意味貴重な体験です。

いや、運が極度に悪いのかな。

外傷は無かったので検査入院という形になりました。

実家から母親と兄貴が病院まですっ飛んできて「大丈夫か?」って。

僕は『それよりもモモとミオのこと、お願い。」って。

検査は何事も異常はみられずに昨日退院。

母親が迎えに来てくれました。

僕が入院中モモとミオは実家で過ごしてました。

母親の運転する車で実家に着くとモモとミオは庭のガラス戸越しにお外を眺めてました。

門扉の前に立つ僕を見つけてモモとミオはしっぽをぶんぶん振って大喜び。

玄関に入るとダッシュで駆けつけて「どこ行ってたの?寂しかったよ~。」って言ってるかの様。

僕の周りをぐるぐる回ってました。

そしてモモとミオと一緒に自宅に。

モモとミオは「はあ~。やっぱりこの家が落ち着くわ~。」って感じで家の中をうろうろ。

モモとミオはそれぞれ自分のお気に入りの場所でくつろいでおりました。

皆さん。

車には充分注意してくださいませ。

僕はこれで車にはねられたのは2回目です。

気をつけてたつもりなんですが。

やっぱり僕は注意力散漫なところがあるのかな。

僕はピンピンしております。

はい。happy01

危うく難を逃れたモモも元気ですよ。

...。oо○**○оo。...。oо○**○оo。...。oо○**○оo。

拙ブログにお越しくださり誠にありがとうございます。

とっても嬉しいです。

これからはもっともっと車に気をつけなきゃ。

| | コメント (27) | トラックバック (0)

お墓参り。

こんにちは~。

いや~。

FIFA W杯ブラジル大会、始まりましたね~。

元々あんまりサッカーの試合は観ないんですけど盛り上がってるみたいですね。

こうなると俄かサッカーファンになってしまう僕。

頑張れ日本代表!

さてさて。

テレビのドラマ「離婚弁護士」の再放送を観てグダグダしてたらモモがお散歩用リードを口にくわえて来て「お散歩連れてって!」催促。

いつの間にかそんな時間。

『よ~し。ほんなら行くか~。今日はどのコースにしようか。』

そうだ。

僕の父親のお墓参りにしばらく行ってないからお散歩がてらお墓参りしてこよう。

モモもお墓までの道のりは覚えたはずだし。

以前はお墓参りに一緒に行くと知らない道なので嫌がってたモモ。

早速お出掛け。

途中クンクンしながらおティッコしたりおウン様したりでなかなか進まない。

1時間弱かけて到着。

車なら10分もかからない距離なのに。

掃除をして墓石を洗ってお線香焚いてお参り。

モモは僕の父親のことを知りません。

先代モモのことは父親はかわいがってたけど今はもう2人ともいません。

お参りをしてる間モモは僕の横でおとなしくちんまり鎮座。

『ほらほら。お前もお参りして。』

モモは全く分かって無い様子。

不思議そうな顔をしてジッと見ておりました。

そういえばお墓参りは午前中に行かなければいけないって聞いたことあるな。

まあいいか。

帰りも1時間弱かけて帰宅。

家に入るとミオが「お腹空いた~。」ってご飯を催促。

モモとミオにはカリカリに野菜を載せてさらに焼いた鯖をON!

ぱくぱく食べておりました。

僕の晩ご飯は缶詰のさんまの蒲焼きとほうれん草のおひたしとお豆さん。

その前にビールをグビリ。

かーーーーーーっ!

この一杯の為に生きてるな。

ビールが旨い。

ご飯を食べ終えてまたまたテレビを観る僕。

その横でゴロンとなってるモモとミオ。

しばらくするとス~ス~寝息が聞こえてきました。

寝顔もかわいいモモとミオ(←親ばか)。

そんな平和な1日でした~。

♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:

今日もお越しいただいて誠にありがとうございます。

とっても嬉しいです。

| | コメント (13) | トラックバック (0)

くしゃみ!

ナマステ~。

こんにちは。

いや~。

パンツ一丁で寝たら鼻風邪ひいちゃいました。

昼と夜の寒暖差がありますね。

さてさて。

昨日の昼間。

二階の趣味の部屋でプラモデルを作っておりました。

作るプラモデルはデコトラ。

デコトラと聞いてピンと来ない方は多いかも。

簡単に言うと昔、菅原文太さん主演の映画「トラック野郎」に出てきたキラッキラ派手派手に飾り付けたトラックのことです。

これは細かい部品が多いのでピンセットでライトなんかをひとつひとつ接着剤でくっつけていかなきゃなりません。

二階の趣味の部屋は僕とモモの禁断の愛の巣。

もちろんモモはラグチェアーの上で僕と2人っきりの時間を楽しんでます。

普段モモはミオの手前僕に思いっきり甘えることができませんからね~。

するとトコトコと階段を登ってくる音が。

ミオです。

ミオは階段から転落したこと多々あれど階段を昇り降りすることがトラウマになってません。

今回も僕とモモがいるかな?って確認してまた1階に降りていくものだと思ってました。

ピョコンと顔を出すミオ。

すると僕がプラモデルを一生懸命作ってる姿を見て「ねえ、ねえ。何作ってんの?」って部屋に入ってきて僕の膝に足を乗せて興味津津。

『危ないからアッチ行くのぢゃ。』と言っても机の上のプラモデルの部品をクンクン。

そして接着剤の匂いをクンクン。

僕は『あっ!しまった!』と思いましたがもう遅い。

犬は嗅覚が鋭いから接着剤の匂いは相当ツン!と来たはず。

ミオはくしゃみを連発。

もう止まりません。

慌てて1階へ降りていくミオ。

2階に居ても1階からミオのくしゃみが聞こえます。

接着剤の匂いが相当刺激的だったんだな~。

しばらくしてようやくくしゃみの音が止まりました。

あっ。

ちなみにミオは接着剤はなめてませんよ。

そしてモモのお散歩の後晩ご飯。

僕は唐揚げを作りました。

テーブルの上に置いてちょっと目を離した隙にミオのヤツ、前脚をテーブルにかけて唐揚げをひとつ口にくわえ脱兎の如く玄関に疾走!

『こらっ!返しなさい!』って追っかけるもミオの胃袋に収まってしまった。

クチャクチャ口周りをなめるミオ。

『ミオ!ダメッ!ダメッ!』と叱るとシュンとしたお顔。

これまで何回も盗み食いの被害に遭ってるけどそんなにお腹空かせてるのかな~。

ちゃんとご飯は与えてるのに。

わんこの本能なのかな。

そんな1日でした。

★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜

今日もお越しくださり誠にありがとうございます。

とっても嬉しいです。

| | コメント (12) | トラックバック (0)

おばあちゃんの危機!

こんにちは。

逢うといつもモモにパンをくれる隣にお住まいの一人暮らしのおばあちゃん。

息子さんはいらっしゃるのですがどうやら不仲らしくて遊びに来たり様子を見に来たりしてる姿は全く感じられません。

おばあちゃんとその息子さんとの関係は立ち入ったことなので僕から聞いたことはありませんが。

おばあちゃんは寂しいらしくモモを見かけると家の中までわざわざ入ってパンを持ってきてちぎってモモにくれます。

そして長い立ち話。

いつも軽く1時間半は離しかけてきます。

正直言ってパンをくれることはありがたいんですけど同じ事を繰り返し延々と話すのにはちょっと困ってました。

夜中に道を歩いてる姿を見かけることもしばしば。

やはり寂しさを紛らわしたいんだろうな~と思ってました。

昼間3時頃その時はまったく気にせず僕はモモとミオとまったり過ごしてました。

すると救急車のサイレンが聞こえてきてお隣のおばあちゃん家の前で止まった気配が。

『どうかしたのかな?』と思い慌てて見に行くと救急隊員の方がたくさん。

そしておばあちゃん家の反対隣にお住まいの方が救急隊員になにか話してます。

僕が顔を出すと「あっ!○○君!(←僕のこと)大変、大変!△△さん(←おばあちゃんのこと)が階段から落っこちちゃったんだって!」って話しかけてきました。

そこへ我が家のモモが突然出現!

『あれ?あれ?なんでモモが。』

どうやら僕が慌てて出てきたので玄関の戸が開いてたらしくてモモが出てきちゃったみたい。

邪魔なのでモモを家に戻して再びおばあちゃん家の前に行くとちょうどおばあちゃんが担架に乗せられて運ばれてる途中。

意識はあるようです。

そのまま救急車で運ばれていきました。

おばあちゃん。

何事も無ければいいけど。

「同じ事を繰り返し延々と話すのにはちょっと困ってました」なんて思ってた僕。

おばあちゃん、ごめんなさい。

また元気な姿を見せてくださいね。

モモとミオも心配しております。

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

今日もお越しくださりありがとうございました。

| | コメント (12) | トラックバック (0)

鈴鹿サーキット!

こんにちは。

日曜日。

鈴鹿サーキットへ行ってまいりました。

目的はレーシングカート走行。

モモミオはお留守番です。

ぶ~~~~んrvcardash

僕、実はこう見えてもA級ライセンスを持ってたりするんですよ。

20代の始め頃はアマチュアレーサーとしてレースに参戦してました。

でもフル参戦するとなると途方も無いお金がかかります。

それにあまりレーシングドライバーとしての腕もあんまりたいしたことありませんでしたからいつも結果はビリか後方集団に埋もれてました。

お金がかかるのと自分の腕の無さに夢半ばで諦めてしまいましたが。

さてそのカート。

コースを走行してあらかじめ決められた基準タイムを上回ればカートマシンをステップアップできます。

まがりなりにもA級ライセンスを持ってて過去のこととは言えレースに参戦してた僕。

負ける訳にはいきません。

う~~~~~。

血が騒ぐ~~~~。

カートマシンはまず初級者向けのモノだから遊園地にあるゴーカートに毛がちょこっと生えたようなもの。

でも僕の走りの魂に火がつきました。

1周目は様子見。

2周目からフルアタック!

端から見た目にはそんなにスピード出てないようですけど着座位置が低いので案外速く感じます。

3周目に基準タイムをあっさり更新。

楽しかった~。

カートはそこでやめて早くも家路に。

モモとミオが待ってるだろうな~。

車で帰る途中事故渋滞につかまってしまいました。

ちょっと帰りが遅くなるかも。

やっとの思いで帰宅。

玄関を開けるとモモとミオの「お帰りなさい祭り」が派手に開催。

「どこ行ってたの!寂しかったよ。」って言ってるのかな。

ちょっと疲れたけどモモのお散歩へ。

モモは超ご機嫌。

てくてく歩くこと1時間半。

汗びっしょりです。

お家に帰ってモモとミオにご飯を食べさせて鈴鹿サーッキットからの帰り道途中に寄った名古屋駅で買った駅弁が僕の晩ご飯。

モモとミオは長時間のお留守番の緊張感から解放されて疲れたのか早々にお寝んね。

寝顔がかわいいのぢゃ。

僕も疲れちゃいました。

でも久しぶりにカートマシンに乗って楽しかったな~。

モモ。

ミオ。

お留守番よく頑張ったな。

褒めてつかわす。happy01

...。oо○**○оo。...。oо○**○оo。...。oо○**○оo。

今日もお越しくださり誠にありがとうございます。

とっても嬉しいです。

| | コメント (17) | トラックバック (0)

お友達とお魚。

こんにちは。

SKE48です。

ってまたまた違うかっ!

このオープニングもマンネリ化してきたな~。

SKE48といえばAKB48の選抜総選挙。

今年は誰がトップになるのか。

僕的には指原さんになってほしいのですが。

まあそんなことはどうでもいいか。

さてさて。

昨日のモモのバンダナは白地に赤の唐草模様。

バッチリ決まってます。

雨も降ってなかったのでお散歩もカッパ無し。

モモは超ご機嫌です。

歩いてたらモモがしきりに後ろを気にします。

振り返ってみたらモモのお友達わんこ「カブちゃん」が飼い主さんを引っ張ってモモ目がけてまっしぐら。

飼い主さんは引っ張られて「こら、こら。」と言うのが精一杯みたい。

カブちゃん力あるな~。

モモはしっぽをブンブン振ってその場でピョンピョン飛び跳ねて大喜び。

感動の再会です。

カブちゃんの飼い主さんは「いや~。毎回これだから参りますわ。」と苦笑い。

モモとカブちゃんご挨拶。

モモが「遊ぼう!」と前脚を低くしておケツをプリッと突き出すとカブちゃんも乗ってきてわちゃわちゃ状態。

リードが絡まること絡まること。

しばらく遊んでカブちゃんとはバイバイ。

モモは名残惜しそうにカブちゃんを眺めてましたが一方のカブちゃんはまたまた飼い主さんを引っ張って怒涛の如く走り去っていきました。

『モモ。楽しかったか?カブちゃんに逢えてよかったな~。』

そして用を足しながらてくてく歩いて帰宅。

それから僕はスーパーへ。

晩ご飯何にしようかな~と鮮魚コーナーの前を通りがかると「カツオのたたき」が売ってました。

もうこれしかない!

決めたっ!

カツオのたたきを大きな柵ごとレジかごに入れて更にスーパーの中を物色してると冷や麦そうめんのコーナーが。

「本日のお買い得品」って段ボールの上にうず高く積まれてました。

僕は冷や麦をレジかごに。

そして飲料コーナーで何気なく手に取ったコカ・コーラのネーム入りボトル。

偶然手に取ったのが僕の名前。

これは買うしかないっしょ~。

家に帰って晩ご飯の支度。

カツオのたたきは大きな柵ごとなので包丁で切らなければなりません。

前回お刺身を切ったとき包丁の切れが悪すぎてガタガタになってしまったので先日包丁を砥いでおきました。

う~ん、スルッスルと切れる。

モモとミオ用にカツオのたたきを数切れ中まで火を通してやりました。

そして冷や麦を茹でます。

もう出来ちゃった。

ではではモモとミオと一緒に晩ご飯いただきま~す。

モモミオ一心不乱にパクパク。

そして僕はカツオのたたきを。

まいう~。

これはウマイ。

そして冷や麦をツルッと。

今年初の冷や麦。

おいしかったです。

モモとミオはちょっと物足りなさそうな顔してたけど。

カツオを食べるとは贅沢なことなのぢゃ。

皆さんは冷や麦派でしょうか?

それともそうめん派でしょうか?

僕はどっちも好きだけどあえて言うなら冷や麦派だな~。

☆*:;;;;;;:*☆*:;;;;;;:*☆*:;;;;;:*☆*:;;;;;:*☆*:;;;;;;:*☆*:;;;;;;:*☆*:;;;;;:*☆*:;;;;;:*

今日もお越し頂き誠にありがとうございます。

とっても嬉しいです。

| | コメント (11) | トラックバック (0)

グダグダから一変。

こんにちは。

いや~。

モモミオ生息地域。

とうとう梅雨入りしてしまいました。

昨日は雨。

モモはカッパを着てお散歩にお出掛けです。

相変わらずカッパを着るとテンション駄々下がりdowndowndownのモモ。

大好きなお散歩もあまり嬉しくなさそうです。

帰って来てグダグダ姿のモモ。

同じくグダグダ姿のミオ。

な~んもやることが無くてつまらなさそう。

僕がボールを投げてやってもガン無視!

『なんだ~。つまらんな~。せっかく遊んでやろうと思ったのに。』

でも自分達のご飯の時は目を輝かせてしっぽを振ってパクパク食べておりましたヨ。

昨日の僕の晩ご飯はたこ焼き。

恒例のたこ焼きパーティの開催です。

たこ焼き器を引っ張り出してきた時点でモモとミオは「なんか楽しそうなことが起きそうだ!」って感じたのかわくわく目を輝かせてます。

出汁で溶いた小麦粉、みじん切りキャベツ、蛸のぶつ切り、テンカス、紅しょうがを混ぜて投入!

じゅうじゅう焼きます。

その香りにモモとミオはうっとり恍惚顔。

居ても立っても居られない様子。

ズズズイッとたこ焼き器に近寄って来ます。

たこ焼きをくるくるとひっくり返すこと数回。

焼けました。

ソース味としょうゆ味のふたつの味を味わうため真ん中から半分に分けてソースとしょうゆを塗りました。

モモとミオにも味のついてないたこ焼きをおすそ分け。

モモとミオはアッチッチ!

モモは冷めるまで待ちます。

ミオは熱さなんてお構いなし。

ここでも性格の違いが出るんだな~。

僕はビールとたこ焼きでいい気分。

たこ焼き堪能しました。

モモ。

ミオ。

おいしかったか?

また作ってやるからな。

皆さんはたこ焼きはソース派?しょうゆ派?

どちらでしょうか。

。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚

今日もお越しくださり誠にありがとうございます。

とっても嬉しいです。

以前書いた記事の内容とよく似ちゃいましたが・・・。

| | コメント (14) | トラックバック (0)

マスクわんこと涼しい!

こんにちは。

インド旅行からいつの間にか帰ってた実家の母親。

電話がかかってきて「頼まれてたもの、できたよ~。」って。

それはモモとミオの覆面レスラーマスク。

僕は覆面レスラーのレプリカマスクを集めるのが好き。

趣味がこうじてモモミオにも作っちゃいました。

作ったのは実家の母親ですけど。

モモミオのマスクは僕が写真を見せて『こういう風に作って欲しい。』とお願い。

モデルの覆面レスラーはタイガーマスクとミル・マスカラス。

母親は「難しかったわ~。」と言っておりました。

早速モモとミオにかぶせてみました。

でもちょっとちっちゃくてパツンパツン。

ミオは「いや~~~。」って頭を振って脱ごうとします。

モモはされるがまま。

生地はサテンで出来てるのですぐに破れちゃいそう。

モモとミオがかぶるのはこれからそうそう機会が無さそうです。

案外似合ってたんだけどな。

( ´艸`)プププ

カッコよかったぞ。

今日はそれほど暑くありませんでしたがそれでもモモのお散歩に行くと汗がじっとり。

僕は汗っかきなんです。

暑くなくても冷や汗をかいたことも数知れずですが。

もうそろそろ扇風機を出してもよかろうと倉庫から扇風機を引っ張り出して組み立て。

モモとミオは興味津津。

試験運転ということで電源を入れるとモモとミオは扇風機の前を占領!

そしてそのままウトウトとお昼寝。

よっぽど気持ちよかったんだろうな~。

これから扇風機大活躍の兆しです。

...。oо○**○оo。...。oо○**○оo。...。oо○**○оo。

今日もお越し頂き誠にありがとうございました。

とっても嬉しいです。

| | コメント (12) | トラックバック (0)

Wパンチ!

こんにちは。

ジョニー・デップです。

って違うか!

このオープニング、あまり続けてると叱られちゃうかな。

さて。

この暑い中庭の小さな畑の手入れをしておりました。

ナス、ピーマン、パプリカ、きゅうり、トマト、枝豆。

順調に育ってるな~と何気なく葉っぱを見たら・・・

毛虫が!

僕、毛虫が大の苦手。

あの毛に覆われた体がウニョウニョしてる姿がダメ。

でも別に人を襲うわけではありません。

勇気を出して箸でつまみ側溝へさよ~なら~。

我が家へは虫1匹も近寄らせません。

モモとミオは暑さを避けるためか縁側で僕の作業の様子を眺めております。

僕は吹き出る汗が目に染みる為タオルで顔を拭きまたまた畑のお手入れ続行。

ふと見ると葉っぱの陰にヘビが~~~!

僕は男の子なのに思わず「キャーーーーーーーーッ!」って悲鳴をあげてしまいました。

ヘビが大大大、超大の苦手の僕。

思わず腰を抜かしてしまいました。

悲鳴を聞きつけたモモとミオ。

「どした?どした?」とわらわらやって来ました。

そして畑の周りをクンクン。

僕は畑から脱出。

ヘビに対しては成す術がありません。

するとミオがヘビを発見!

恐らくミオはヘビを初めて見たのでは。

興味を持ったのかミオは恐る恐るへっぴり腰でヘビに近づきます。

僕は『大丈夫か、あのヘビ。マムシじゃないか。』ってハラハラ。

でも僕には何も出来ません。

するとヘビに向かってミオパンチが炸裂impact

ミオパンチの連打!

そこへモモがやって来てミオの加勢。

モモパンチとミオパンチの雨あられです。

するとヘビは側溝へするするっと逃げて行きました。

モモ。

ミオ。

でかした!

今日のおやつのちくわ、弾んであげよう。

それにしても僕。

男の子なのに情け無いな~。

でも苦手なものは苦手。

毛虫とヘビの2連発は堪えたな~。

恐っ!

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

今日もお越しくださり誠にありがとうございます。

とっても嬉しいです。

| | コメント (14) | トラックバック (0)

ペットボトル活用法!

ナマステ~。

こんにちは。

ミオへのお誕生日お祝いコメントをたくさん頂き誠にありがとうございます。

きっとアヤツも喜んでると想います。

ホントーにありがとうございました。

さてさて。

いや~。

まだ6月の頭だってのに気温35度超えとは!

暑いですね~。

僕、今年初の麦茶を沸かして冷蔵庫に常備し始めましたよ。

炭酸系ジュースもいいけどこう暑いと飲んだ後口の中がクチャクチャしてしまう。

やっぱり暑い時は麦茶に限る。

そんな僕。

日曜日でな~んの予定も無かったから悪いことしちゃいました。

あまりの暑さに『今、ビール飲んだらウマイだろうな~。』って思い真っ昼間からビールを飲んでしまいました。

飲んだのは沖縄のオリオンビール。

最近はそこかしこで販売されてますね。

暑い日に飲むビールは最高!

グビグビいけちゃいます。

その頃モモとミオはというと。

ペットボトルに水を入れて凍らせたものを抱いて涼を取ってました~。

しかも玄関の石タイルの上で網戸の引き戸を閉めて玄関の戸を開けた状態でそよそよと入ってくる風を受けながら凍ったペットボトルを抱いて。

毎年夏になると大活躍するモモとミオ用の水を入れて凍らせたペットボトル。

1.5Lの丸いやつよりも2Lの四角いペットボトルの方が安定感があっていいみたい。

丸いとコロコロしちゃいますからね。

夕方お散歩の時間。

あまりの暑さに僕がグデグデしてるとモモがリードをくわえて来て「お散歩連れてって!」って。

時間が分かるんだな~。

お外に出てアスファルトの路面を触るとアッチッチッ!

モモは何事も無いように歩いてました。

肉球、すごいポテンシャルを秘めてる!

でも熱いんだろうな~。

暑い日はお散歩の時間遅らせなきゃ。

晩ご飯食べた後モモとミオは再び玄関へ。

どうやら玄関がモモとミオの避暑地のようです。

相変わらず凍ったペットボトルを抱いて横になってました~。

相当暑かったんだな。

( ´艸`)プププ

.。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。.

今日も遊びに来ていただき誠にありがとうございました。

とっても嬉しいです。

| | コメント (12) | トラックバック (0)

« 2014年5月 | トップページ | 2014年7月 »