« 2013年1月 | トップページ | 2013年3月 »

訃報。

モモのお友達。

まるちゃんが虹の架け橋を渡って天国へと旅立ちました。

モモとお散歩してていつも通りまるちゃんのお宅の柵に前脚をかけてまるちゃんの姿を捜してたら奥さんが見てたらしく玄関から出てきて「モモちゃん。いつもマルに逢いに来てくれてありがとうねー。マルは一昨日亡くなったのよ。本当にありがとう。」って言ってモモを抱きしめました。

僕は『ええっ!』ってびっくり。

言葉もみつかりません。

以前にまるちゃんは癌と闘ってると聞いてこのブログにも書いたことあるけど。

早すぎる・・・。

モモはまるちゃんが亡くなったことが分かったのか分かってないんだか奥さんの手をぺろぺろ。

奥さんは「元気出してって言ってくれてるのね。ありがとう。モモちゃん。」

最後にまるちゃんを見かけたのは数日前。

もうすっかり痩せ細ってたけど一生懸命癌と闘ってた。

まるちゃん。

もう頑張らなくていいよ。

天国でゆっくりしてね。

まるちゃんには先代モモも仲良くしてもらったね。

ありがとう。

天国で先代モモに逢ったら仲良くしてね。

まるちゃんは頑張りました。

飼い主さんのお気持ちは察するに余りあります。

まるちゃんのご冥福を心からお祈りします。

合掌・・・。

| | コメント (17) | トラックバック (0)

終わった!

こんにちは。

退くの通院日。

診察とカウンセリングと検査が終わりました。

今帰ってきたところです。

昨日から眠れず朝三時半にモモのお散歩。

モモは「えっ!もうお散歩?」って寝ぼけ眼。

いつもよりかなり早いです。

モモは戸惑いながらもしっぽを振って嬉しそう。

お散歩から帰ってきてミオと一緒に朝ごはんです。

ミオも「もう朝ごはん!?」って顔してました。

朝5時半に出発。

病院に着いたのが6時半頃。

早速診察券を入れて待ちました。

待つこと2時間半。

一番に僕の診察の晩。

それからカウンセリング。

そして検査。

順調に進んで今日はかなり早く帰ってくることができました。

ガレージに車をとめて玄関を見ると擦りガラス越しにモモとミオの姿が見えます。

玄関を開けるとモモとミオが「お帰りなさい!」ってしっぽビュンビュン振ってお出迎え。

そして今日はあったかいので特別にお散歩。

モモは胸を張って歩いておりました。

こんなに病院から早く帰れるのは久しぶりです。

いつもはほぼ一日がかりだったのに。

病院での僕は『今頃モモとミオは何してるかな~。』って思ってました。

玄関のたたきを上がると玄関前の床がほんのりあったかい。

そうか~。

ココでお二人さんは待ってたんだな~。

モモもミオも僕が留守にすると必ず玄関で帰りを待ってるみたいです。

なんて健気なんだろう(←親ばか)。

今日は時間がかからなくてよかった~。

いつもなら一日がかりでへとへとになって帰ってくるのに。

朝一番で出かけた甲斐があったな~。

モモ。

ミオ。

お留守番お疲れ様。(*^ー゚)bグッジョブ!!

| | コメント (11) | トラックバック (0)

ピリピリ。

こんにちは。

明日は僕の通院日。

今から憂鬱です。

神経がピーンと張りつめてます。

ピリピリした状態。

そんな僕の雰囲気を察知したのかモモとミオ。

ニコニコしながらしきりに体をすり寄せて来ます。

まるで「アタシ達がついてるから大丈夫!」って言ってるかの様。

そんな姿に僕もふと微笑がこぼれます。

モモとミオは僕のことよーく見てるんだなー。

病院へ行ってしまえばなんてことはないんですが。

ただ今は落ち着かず恐怖感と不安感、あらゆるものに襲われております。

今の僕を癒してくれるのはモモとミオの存在。

一つ屋根の下一緒に寝起きを共にしてるせいもあるんでしょうがやっぱり大きな存在です。

ありがとう。

モモ。

ミオ。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

裸祭り。

こんにちは。

天下の三大奇祭のひとつと呼ばれる国府宮の裸祭りを観に行ってきました。

モモとミオも一緒です。

えっ。あとふたつの祭りは何かって?

僕には分かりません。

朝10時頃、僕の住む住宅地から参加者がふんどし一丁で「エイホッ!エイホッ!」って掛け声とともに裸祭りが催される国府宮神社まで向かいます。

実際の裸祭りクライマックスは夕方。

神男(←たしかこう書くはずだと・・・)と呼ばれる一人の素っ裸の男が現れる頃。

その頃にあわせて行きました。

会場はすごい人です。

「うわーーー!」とか「うおーーー!」とか叫び声が聞こえます。

モモとミオはびっくり。

地元テレビ局が取材に来てました。

僕はCBCテレビのカメラの横ら辺に居ました。

どうやら生中継をやってる様子です。

キレイなお姉さんとタレントさんがカメラに向かってレポートしておりました。

もしかしたら僕もチラッと写ったかも。

それより歓声がすごいし見物客もすごい。

もっとすごいのはこの寒さの中ふんどし一丁であとは何も身にまとってない参加者。

実際にもみくちゃになると熱気がすごく肌と肌が擦れ合って火傷を負うために水をぶっかけてもすぐ蒸気に変わっちゃう。

それほどすごい熱気です。

人が多くてほとんどみえませんでした。

モモとミオは人の多さと大きな歓声にビビッちゃって固まってる。

30分ほど観ただけで帰ることに。

モモとミオにストレスがかかっちゃいますからね。

背後から聞こえる歓声。

相変わらずすごい。

途中屋台でたこ焼きを2つ購入。

車の置いてあるところまで僕とモモミオはてくてく歩きます。

途中踏切で電車の音にビビるモモとミオ。

そういえば初めて電車を見たかも。

車の中で疲れたのか後部座席で丸くなって寝てるモモとミオ。

ビックリしたことだらけでしたから。

車の中はたこ焼きの香りでいっぱいです。

晩ご飯はたこ焼きで済ませました。

モモとミオは晩ご飯となると一気に復活。

ぱくぱく食べておりました。

いやー、すごい迫力の裸祭りでした。

僕には無理無理。

あははははは。

★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜

最後までお付き合いいただきありがとうございました。

とっても嬉しいです。

| | コメント (10) | トラックバック (0)

寒いです。

こんにちは。

今朝はとても冷え込みました。

朝、布団から出られずにグズグズしてるとモモがやって来て僕の顔をぺろぺろ。

「起きて!」って催促してきます。

ミオも布団から這いずり出てきました。

さあ、モモのお散歩だと思って外へ出ると雪がチラついてる。

慌てて玄関に戻ってモモにカッパを着せて再び出発です。

モモはカッパが不服そう。

でも文句も言わずにトボトボ歩きます。

雨の日なんかはいつもこうです。

そういえばたしか今日は地元で開かれる天下の三大奇祭と呼ばれる「裸祭り」が開催される日だったかな。

あれ、違ったっけ?

去年はモモとミオを連れて観に行ったな~。

モモとミオ。

あまりの迫力にビビッてたっけ。

僕は屋台のたこ焼きばかり食べてたけど。

この寒い中ふんどし一丁の裸男たちは寒いだろうな~。

たしか「裸祭り」は今日だったような気が。

段々自信が無くなってきました。

それにしてもとにかく寒いです。

モモとミオは朝ごはんを食べてストーブの前で丸くなっております。

ウチのワンコ達は寒さに弱い様です。sad

| | コメント (17) | トラックバック (0)

上下関係の謎。

こんにちは。

前から思ってたんですがモモとミオの上下関係がイマイチよく分かりません。

ワンコは複数居ると誰が自分より上で誰が自分より下だと認識すると聞きます。

それをモモとミオにあてはめると必ずしもそうではないんじゃないかと。

確かに僕がモモをなでてるとジェラシーの塊となったミオが突進してくることはあります。

ミオは愛情を奪われたと勘違いしてるみたい。

そんな時モモは前脚でミオをぺシッと叩いてミオを一蹴。

吠えることすらありません。

まあモモが吠えてる姿は今まで一度も見たことがないんですけど。

一方ミオが僕に甘えて膝の上でゴロゴロしてるとモモはその様子をチラッチラッと見て羨ましそうにしてる。

ミオは愛情を一身に受けたいタイプ。

多分モモも一緒。

でもモモは我慢してるみたい。

ミオのいないところで盛んに僕に甘えてきます。

人間社会だったら会社での上下関係は必ずあるけどワンコの世界ではそうでもないのかな。

それと人間は人間関係に悩んだりするけどワンコの世界はどうなんだろう。

相性とかはあるだろうけど。

モモもミオもお互い喧嘩するわけでも無いんで。

一応僕のことをモモとミオはリーダーだと認識してる様子。

ミオがいたずらして僕が一喝するとプルプル震えて固まってしまう。

そんなに激しい口調で叱るわけじゃないんですがね。

怒ると恐いって認識してるのかな。

お散歩に連れてってくれてご飯をくれるただのおじさんだと思ってなければそれで良しとしましょう。

何せモモとミオは僕が居ないとご飯が食べれない。

僕もモモとミオの存在は精神的な大きな支えになってるのは間違いないから。

モモ、ミオ。

仲良くするんだぞ。

そしていつまでも元気でいてくれよ。

゜。°。°。°。°。°。°。°。゜。°。°。°。

最後までお付き合いいただきありがとうございました。

とっても嬉しいです。

| | コメント (12) | トラックバック (0)

ミオの洗礼、再び!

こんにちは。

いや~。

僕は何回同じ目に遭っても学習しない男なんだな~と改めて思いました。

夜中寝てたらトイレに行きたくなり布団から起きました。

布団に潜りこんで一緒に寝てたミオも「ナニ?どうしたの?」って感じで一緒に起きます。

夜中に突然襲う腹痛。

なんか悪いものでも食べたかな。

一度波がおさまりパンツをはくとまた襲う腹痛。

またまたパンツを下ろして座り込みます。

そんなことを繰り返すこと数回。

やっとおさまりました。

手を洗い外に出たらグニョッとした感覚が足に。

ミオのう○ちを踏んづけてしまったーーーーー!

ミオのトイレシートはトイレの脇に置いてあります。

僕がトイレに入る際なんかの拍子でトイレシートの位置をずらしてしまったらしい。

なんせ僕寝ぼけてたから。

トイレシートの位置に忠実なミオ。

僕がトイレに入ってる間にしちゃったらしい。

それを僕が踏んづけてしまった。

前にも同じ事をやってしまってる僕。

学習しないな~。

情け無い。

夜中にお風呂のシャワーで足を洗ういい歳をしたオッサンがここにひとり。

ミオは全く悪く無いんですけどね。

笑うしかないや。

あはははははははははは。

悲しい・・・。crying

今日は汚い話ですいません。coldsweats01

| | コメント (8) | トラックバック (0)

今朝は・・・。

こんにちは。

今朝は雪が降ってる。

もちろんモモのお散歩は行かねばならない。

お外でしか用を足せない子だから。

さっそくカッパを着せてお出かけでした。

寒いせいかさっさとおティッコ、う○ちを済ませて帰りたがります。

僕も帰りたい。

街頭の明かりに照らされたモモの頭を見るとうっすら雪が。

モモは気になるのか体をしきりにブルブルッとさせます。

それともカッパのガサガサ感が気になってるのかな。

カッパはあんまりお気に召さないモモ。

いつもなら40分ぐらい歩くところを今朝は10分。

モモはただいま僕の足元でゴロンとしてます。

ホットカーペットが敷いてあってあったかいからね。

それにしても今朝は腰が痛い。

万年腰痛の僕だけどいくら病院に行っても治らない。

前に鍼灸院で針をうってもらったら楽になったからまた行ってみるかな。

しかし雪が降ってる。

僕の愛車、スーパーモモ号はサマータイヤ。

雪の日は乗らないに限ります。

バファリン飲んで我慢するか。

それにしても雪が降るとは思いませんでした。

雪というよりもあられに近いような感じでしたけど。

いずれ雨に変わるかな。

どっちにしてもモモはまたしてもカッパを着なくちゃならない羽目に。

モモ。

我慢しておくれよ。coldsweats01

テンション駄々下がりdowndowndownになるのは分かるけど。

| | コメント (10) | トラックバック (0)

甥っ子来訪。

こんにちは。

昨日は甥っ子を1日預かりました。

兄貴は仕事。

義姉はなにやら用事があるとかで兄貴にちょっと見ててくれないかとお願いされました。

まあ断る理由も無いので。

いろんなことをやってくれました。

障子に穴をあけてくれたり壁にマジックで落書きしてくれたりコップを割ってくれたり。

まあ落ち着かないこと。

そしてモモのお散歩に一緒に行くとモモのリードを持ちたがります。

モモは引っ張らない子なので大丈夫だろうと思い胴輪につないだリードを持たせてやりました。

しばらく僕が先を歩いて振り返ったらなんとリードを持ってない。

モモは全く気付いてなかったのか甥っ子の横をトコトコ歩いてる。

『リードはちゃんと持たなきゃ。』と言ったら「手が冷たいもん。」って。

『そうかそうか。そりゃごめんな。おっちゃん(←僕のこと)の手袋しなさい。これで冷たくないだろう。』と言って手袋をさせると「あったか~い。」ってニッコリ。

甥っ子の笑顔がかわいい。

お散歩の続きです。

モモがう○ちをしたので拾ってると「なんで拾うの?バッチイじゃんか。」と言う。

僕は『飼い犬が道路でう○ちしたらちゃんと拾って持ち帰らなきゃ駄目なんだよ。それにそのままにしておいたら道を通る人が気分良くないからね。』と言うと「ふーん。」って。

ひとつ学んだみたい。

お家に帰ってモモとミオと走り回って遊んでる。

今度はふすまにぶつかってふすまが外れてしまいました。

まあ元気なこと。

夕方兄貴が迎えに来て「おっちゃん。バイバ~イ。また来るね。」って手を振ってました。

甥っ子には楽しい1日だったようです。

モモとミオは疲れたのかストーブの前で丸くなって寝ておりました。

はあ~あ。

疲れました。

嵐のような1日でした。

子供を持つって大変なんだな~。

モモ、ミオ。

お疲れ様。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

土手煮。

こんにちは。

いや~。

今朝のお散歩は寒くてまいりました。

モモもぷるぷる震えてる。

セーターと帽子をかぶってお外へ。

ちょっと前だったらモモ達にお洋服を着せるなんて考えられなかったけど今じゃ当たり前。

モモ達もすんなり受け入れてくれたし。

さてさて。

土手煮をつくりました。

牛すじ肉、豚のモツ、こんにゃく、お豆腐を八丁味噌、みりん等で味付けした出汁で煮込むこと延べ2日。

ようやくいい感じになり晩ご飯にいただきました。

モモとミオには夕方の特売で更に安く売ってたささみを煮て温野菜の上にON!

モモミオぱくぱく。

食べる前にはいつもの儀式ですよ。

言われなくてもモモミオはやりますけどね。

さて土手煮。

さすが2日間にわたって煮込んだだけあって口にいれるととろける柔らかさ。

味が染み込んでてとてもおいしい。

ねぎを散らすとさらにおいしい。

七味唐辛子なんかをふりかけてもおいしい。

そしてビールに合います。

ビールといえば僕はサッポロ黒ラベルが好き。beer

どうでもいい情報でしたね。

ご飯を食べ終わったモモとミオはしばらく僕のことを見てましたがいつもなら「頂戴頂戴ビーム」を浴びせかけられるのに今日はそんなこともしなくてさっさとお気に入りの場所へ行ってゴロン。

ささみを大量にトッピングしてやったからお腹がいっぱいになっちゃったのかな。

しばらくしたらスースー寝息をたててました。

食べた後すぐに寝ると牛になっちゃうぞ。happy02

おかげで土手煮を堪能することができました。

おいしかったです。

そしてモモミオの寝顔もかわいらしかったです(←親ばか)。

モモミオの寝顔もビールのアテになるんだな~。

...。oо○**○оo。...。oо○**○оo。...。oо○**○оo。

最後までお付き合いいただきありがとうございました。

とっても嬉しいです。happy01

| | コメント (11) | トラックバック (0)

やっぱりな~。

こんにちは。

バレンタイン。

撃沈しました。

予想通り0個。

まあいつものことなんですけどね~。

モモもミオもほっぺにチュッ!してくれなかったし。

強引に顔を近づけたけどモモはぺろっと一舐めしてくれたけどミオには「ナニ?」って顔されてフーって溜め息つかれちゃった。

さてさて。

久しぶりに名古屋へ用事があり車でお出かけ。

モモdogと一緒です。

ぶ~~~~ん。rvcardash

用事そのものは10分ほどで終わりました。

駐車場に停めておいた車の中でモモはちんまり座って待っておりました。

僕を見つめてしっぽ振ってる姿。

かわいい。

せっかく名古屋まで来たし晩ご飯の手を抜こうと駅弁を買って帰りました。

いろんな種類の駅弁があるな~。

そして僕が買ったのは「鶏めし」と「名古屋トップ3弁当」。

「鶏めし」は説明書きを読むと名古屋コーチンの出汁で炊いたご飯に名古屋コーチンの照り焼きが入ってる。

「名古屋トップ3弁当」はケチャップライスに味噌カツ、エビフライ、名古屋コーチンの肉団子入り。

僕はフードファイター並みに食べるので2つ買いました。

晩ご飯の時間です。

駅弁の箱を開けるとおいしそうな香り。

モモとミオの「頂戴頂戴ビーム」が突き刺さって痛い。

『これは僕のぢゃ。さっきチミ達はご飯食べたろう。』

照り焼きを箸で持ったら箸が滑って床に落ちてしまいました。

その隙を2ワンズが見逃すはずがありません。

ミオがくわえてモモにリレー。

玄関まで運んで2人でくちゃくちゃ食べてる。

やっぱりこういうことになったか。

モモとミオはその後も駅弁を食べる僕を凝視。

『もう落とさないもんね~。』

あんまり見つめてくるので今日はおやつに食べさせなかったちくわをあげました。

食べ物には執着心がすごい。

僕は僕で駅弁をぱくぱく。

美味しく頂きました。

それを見たモモミオ。

残念そうな顔をしていつもの場所でお寝んね。

モモはクッション。

ミオはソファーの上。

モモミオは食べることが大好きです。

まいったまいった。

(ノ∀`)・゚・。 アヒャヒャヒャヒャ

| | コメント (9) | トラックバック (0)

バレンタインデーですね。

こんにちは。

昨日僕の母親がギリシャへ旅行に行っちゃいました。

いつも突然に聞かされるんだから。

まあ元気でアクティブなのはいいことか。

さてさて。

今日はバレンタインデー。

といっても本命チョコはおろか義理チョコからも縁遠い僕。

今年もチョコの味は味わえるのか?

多くは望まないからチロルチョコでもいいから欲しいな~。

ってチロルチョコなら自分でも買えるか。

我が家におます女子。

モモ、ミオ。

本命チョコくれないかな~。

って無理か。

今ミオのやつなんかアクビしてるし。

バレンタインデーそのものを知らない幸せなヤツなんだな~。

チョコの代わりにほっぺにチュッだけでもいいのに。

それすら無理っぽい。

m9(^Д^)プギャー

| | コメント (14) | トラックバック (0)

ミオの謎の行動。

こんにちは。

いや~。

今日は風が強くて寒いです!

朝4時半にモモのお散歩に出かけようとしたらあまりの寒さにびっくり。

思わずガレージの鉄板の上に昨晩降ってうっすら残ってた雪で転びそうになりました。

モモもセーターと帽子をかぶってお出かけ。

それでも寒いせいかプルプル震えており帰ってきたらストーブの前へ一直線です。

ここ数日連日夜中の3時頃になると何処の誰からかは分からない電話がかかってきます。

僕がでるとブチッと切られてしまう。

仕方ないのでかかってきても放っておくと何度もかかってきます。

こりゃたまらん。

かかってこない日もあるんですが。

深夜の電話にも困ったものですがそれと同時にもうひとつ困ったというか痛い目に遭うというか。

それはミオの電話好き。

ウチの電話はかかってくるとメロディーが流れるんですがそのメロディーにミオは敏感に反応します。

電話のメロディーが流れると例え寝ててもすぐさま起きて「ヒュンヒュン」言いながら興奮して電話の受話器を取ろうとする。

僕が電話で話してると「アタチもしゃべりたいでちゅ。」と言いたげに受話器に鼻を近づけてきて「フンフン」鼻息を鳴らします。

まるで僕の鼻息が荒くて変態みたいに思われちゃうかも。

深夜の電話が鳴っても僕が無視して寝てるとミオは布団から這いずり出てきて僕の顔を踏んづけて電話機にむかって「ヒュン、ヒュン」と鳴きながらウロウロ落ち着きがありません。

顔を踏まれると一発で目が覚めてしまう。

どの時間に電話がかかってきてもすぐにミオは興奮状態。

電話を切るとまたいつものミオに戻るんですが。

もしかして音が恐いのか?

見てるとそうでも無い様子。

むしろ楽しくて仕方なさそう。

受話器に向かってる姿が興味をひくのかな。

う~ん、謎だ。

それにしても深夜のイタ電には困ったものだ。

朝早くに起こされるしミオの顔踏んづけ攻撃にも遭うし。

ミオ。

そんなに電話が好きなのか?

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

最後までお付き合いいただきありがとうございました。

とっても嬉しいです。

| | コメント (15) | トラックバック (0)

実家へお呼ばれ!

こんにちは。

晩ご飯を実家にお呼ばれに預かり行ってまいりました。

もちろんモモとミオも一緒です。

兄貴が迎えに来てくれてモモミオも一緒に車に乗車。

モモミオ後部座席でしっぽを振ってワクワク感丸出し。

この車に乗るときは大好きな実家へ行ける。

そしておいしいものが食べられるって分かってるみたい。

実家へ到着すると「うわーーーーい!」って玄関へ一目散。

ご飯ができるまで僕は兄貴とお酒を。

テレビを観ながら「この芸人のどこが面白いんだ。」などと話しながら。

最近お笑い芸人が出てる番組ばっかりですよね。

面白い芸人はたくさんいるけどなかには「なんでこの人が売れてるの?」って人も・・・

結局2人で日本酒一升くらい飲んでしまいましたよ。

晩ご飯はしゃぶしゃぶ。

お肉たっぷり。

モモとミオにはしゃぶしゃぶ用のお肉じゃないけど野菜の上にお肉をドーンと盛ったもの。

母親に「お座り」「お手」「おかわり」「伏せ」「ゴロ~ン」「待て」を一通り披露したあと「食べてよし。」

ぱくぱく食べておりました。

僕らは和牛のしゃぶしゃぶ肉。

寒い日にはもってこいのお鍋です。

しかも豆乳鍋。

豆乳にお肉をしゃぶしゃぶしてキムチ風タレにつけていただきます。

うんっ!おいしい!

でもキムチのタレが強すぎるかな。

そこでゆずポン酢につけて食べるとこちらのほうがおいしい。

たっぷりお肉とお野菜を食べました。

モモとミオは甥っ子からしゃぶしゃぶしたお肉を貰ってました。

よかったなー。モモ、ミオ。

チミ達は和牛なんて滅多に食べられないぞ。

満足そうなモモミオ。

ストーブの前に陣取りあったまってました。

これぞワンコの至福の時間かな。

帰り母親に送ってもらい車から降りるときコケちゃいました。

今朝腕を見るとしっかり青あざが。

飲み過ぎ注意ですね。

お酒を飲むとおいしくてついつい杯がすすんでしまいます。

気をつけなきゃ。

モモミオは帰宅後あっという間にスースー寝息をたてて眠りにおちておりました。

よっぽど満足したみたいだな。

あはははははは。

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

最後までお付き合いいただきありがとうございました。

とっても嬉しいです。

痛かったですよ。

| | コメント (15) | トラックバック (0)

ホットケーキ。

こんにちは。

突然ですがホットケーキを焼きました。

ホットケーキなんて久しぶりだな~。

まるちゃんの元へ持っていったら食べてくれるかな~なんて思いつつ。

おおっ!

きれいなキツネ色に焼けた!

おいしそうだ。

バターをのせてメープルシロップかけてさあ食べようとすると。

やっぱり熱い視線を感じます。

モモとミオの瞳から食べたいビームが発射されております。

そんなこともあろうかと思ってモモとミオのために一枚ずつ焼いておきました。

『さあ。食べるがよいのぢゃ。熱いから気をつけるのぢゃ。』

モモはぺろっとなめて熱かったのか冷めるまで待ってます。

ミオは熱さなんかお構いなしに喰らいつきます。

そしてやっぱり熱かったのかハフハフ。

モモも食べ始めました。

『おいしいか?』

モモミオ満足そうな顔。

僕もおいしく食べて満足。

そんなティータイムのひと時でした。

| | コメント (12) | トラックバック (0)

モモのお友達。

こんにちは。

モモにはお散歩してるとき必ずご挨拶していくお友達ワンコがいます。

その名はまるちゃん。

16歳の男の子です。

でも最近見かけません。

前は柵越しに鼻を出してお互いツンツンつきあわせてご挨拶してたのに。

昨日の夕方モモとお散歩してるとまるちゃんを久々に見かけモモは嬉しそうに柵に前脚をかけて挨拶しようとしました。

ところがまるちゃんは近寄ってきてくれません。

数ヶ月見ない間にすっかり痩せ細ってしまった。

まるで動きたくても動けないような感じです。

そこへそのお宅の奥さんが顔を出し「あら~。モモちゃん。まるに逢いに来てくれたの。そうよね~。まると仲良しだったもんね~。でもね、まる。癌であと数ヶ月の命だって言われたの。」って涙ぐんでショッキングな言葉を聞かされました。

僕は何も言うことができませんでした。

『きっと大丈夫ですよ。』なんて下手な言葉を言うと飼い主さんの気持ちが傷ついてしまうかも。

それ以前に何も言葉が思い浮かんで来ません。

奥さんはモモの頭をなでながら「またまるに逢いに来てね。」って。

なんだか悲しくなっちゃいました。

まるちゃん頑張れ!

力の限り癌と闘って!

頑張れ!

なんて簡単には言えるけどまるちゃんは今必死に癌と闘ってるはず。

モモとミオの力を分けてあげたいぐらい。

でもまるちゃんには頑張ってほしい。

なんだか複雑な心境です。

モモ!ミオ!

まるちゃんを応援しようね!

| | コメント (11) | トラックバック (0)

超低空飛行。

こんにちは。

この2日間ほど僕は精神的に超低空飛行状態が続きました。

薬を飲んでやっと自分が保ててる状態といったら大袈裟ですがなんとなくそれに近い状態。

火曜日いつもの通院で薬をちょこっと変えてもらったんですけどその影響もあるかも。

なので2日間お休みしちゃいました。

僕が横になってるとミオは布団の中へ潜りこんできます。

モモは僕の枕元へお気に入りのクッションを引きずってきてその上で丸くなってる。

モモとミオも心配してくれてたのかな。

ミオは布団の中からピョコッと顔を出して僕の顔をぺろぺろ。

モモは時折クッションの上で「クン、ク~~~ン」と鳴いてる。

モモとミオは一応僕のことリーダーだと思ってくれてるのかな。

そう思うとなんとなくモモとミオがより一層愛おしく感じられます。

モモとミオの頭をなでなでしてやると目を細めてしっぽフリフリ。

ミオは布団の中でもしっぽを振るほどの強烈なしっぽの筋肉を持ってるみたい。

たまに顔に当たると結構痛い。

モモも心配してくれたんだな。

ありがとう。

でももう大丈夫。

薬の効き目が体に順応してきたみたいだから。

でも処方されてるお薬って副作用を引き起こすこともある結構強い薬なんですよね。

それでも薬が無いと調子悪くなることが。

モモとミオ、そして実家の家族にこれ以上心配かけたくないな~。

それには自分が強くならなくちゃ。

...。oо○**○оo。...。oо○**○оo。...。oо○**○оo。

最後までお付き合いいただきありがとうございました。

とっても嬉しいです。

| | コメント (9) | トラックバック (0)

恵方巻。

こんにちは。

節分でしたね。

恵方巻。

僕、頑張って自分でつくっちゃいましたよ。

かんぴょうは前日の夜から煮て味を馴染ませておいて。

結構手間がかかりました。

一人で食べるんだから買ってきたほうが手がかからなかったかなと思いましたがスーパーなんかで買うと800円ぐらいする。

それなら自分でつくったほうが具材も好きなものを巻けるし楽しいだろうと思いつくりました。

モモとミオはおいしいものつくってるから自分達ももしかしたら食べられるかも?と期待してかジッと見つめておりました。

かんぴょう、卵焼き、きゅうり、桜でんぶ、カニかま、そして極めつけのあなごの蒲焼き。

ちょっと贅沢しちゃった。

これなら買ってきたほうが安かったかも。

イヤイヤ。

自分でつくることに意義がある。

モモもミオも食べたそう。

しかしチミ達は食べられないのぢゃ。

代わりにさっきちくわを食べたろう。

ご飯も食べたろう。

我慢するのぢゃ。

僕はひたすら無言でもぐもぐ。

食べ応えがありました。

でも美味しかったです。

恵方巻を食べるって僕が子供の頃はそんな習慣なかったけどな~。

いつから始まったんだろう?

モモミオ恵方巻を食べられなくて不貞寝です。

あははははは。

| | コメント (20) | トラックバック (0)

出来るか出来ないか?

こんにちは。

最近僕の住む住宅街で空き巣が頻発してるので注意してくださいとの回覧板がまわって来ました。

そっかー。

空き巣に注意かー。

ウチは大丈夫だろうか?

空き巣に入られたって盗られるようなものは無いですけどね。

多額の現金は無いし預金通帳にも入ってないしカードとかは持ち歩いてるし。

あははははは。

それにモモとミオがいるじゃないか。

いやいや。

モモとミオには番犬としての荷は重い。

なんてったって勧誘やらセールスの人が来ても吠えるどころかしっぽを振って出迎えてしまう。

一切警戒心というものがありません。

番犬なんて無理無理。

出来ぬ相談ってやつです。

モモとミオに期待するのはただひとつ。

僕のそばに居てくれればいい。

まるで歌の一節みたいだけど。

普通そばに居てくれればいいなんて言葉は女性に言ってみたい言葉だけど僕にはそんな相手もいない。

病を抱えているから相手にしてくれる女性なんて多分いないと思う。

結婚相手なんて夢のまた夢。

結婚願望はあるんですけどね。

身長185cm、体重82kg、四捨五入して40歳の僕のことが気になる方はご連絡ください。

あははははは。

冗談です。

でももしかして本当に連絡あったりして・・・

そうなったらどうする?

本気で考えますよ。

いいだろ?モモ、ミオ。

dog「いいと思うよ。アタシ達のことかわいがってくれる女性ならね。」dogbyモモミオ

| | コメント (12) | トラックバック (0)

コロッケ。

こんにちは。

僕にお祝いコメントたくさん頂きましてありがとうございました。

嬉しかったです。

今度はどんな資格とろうかな。

車が好きだから大型2種の免許でもとろうかな。

もう既に大型免許は持ってるから。

バスの運転手にもなれるし。

まあ夢は広がります。

そんなこんなで。

コロッケをつくりました。

実家でもらったカニ缶があったのでカニクリームコロッケにチャレンジしました。

前にもつくったことあるんですがあの時は揚げてるときに衣が破れてしまったりして見た目がよくありませんでした。

今回はそういうことの無いように。

冷蔵庫に冷やして固まらせたタネにパン粉をつけて慎重に揚げます。

モモとミオがやって来てジッと見ています。

「おいしいものつくってるの?アタシ達にも食べさせて!」って言ってるかの様。

( ´艸`)プププ

実際そう思ってるんでしょうけどね。

おおっ!

きれいなキツネ色に揚がった!

今回は破れなかった。

バットにコロッケを移してるときにコロッケを1個落としてしまいました。

すかさずかすめとるミオ。

まだアツアツなのに。

思ったとおり熱さに耐えられず口から出してしまった。

いつもならチームプレイに徹するモモミオコンビのモモは今回は参加せず。

熱いのが分かってたのか。

それともいけない事だと学習したのか。

ミオは結局口にしたコロッケを冷めてから食べてました。

そういえば今日はバタバタ忙しくておやつのちくわをモモミオにあげてなかったな。

でももうモモミオはご飯を食べた後。

ちくわは明日に持ち越しです。

カニクリームコロッケを食べる僕を見つめるモモミオ。

視線が痛い。

でも僕一人で食べちゃいました。

食べ終わるのを見届けたモモミオはそれぞれお気に入りポイントに散らばり丸くなって不貞寝。

モモ、ミオ。

そう上手いこと世の中は廻らないのぢゃよ。

カニクリームコロッケ。

おいしゅうございました。

:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+

最後までお付き合いいただきありがとうございました。

とっても嬉しいです。

| | コメント (13) | トラックバック (0)

« 2013年1月 | トップページ | 2013年3月 »