« 2012年7月 | トップページ | 2012年9月 »

大冒険!

こんにちは。

いやー、焦りました。

焦りましたよ。

ミオの姿がみえなくなっちゃったんですから。

ふと気が付くとミオの姿がみえない。

トイレに行く途中玄関をみたら寝てるのはモモの姿だけ。

おかしいな~。

いつもならここで昼寝してるはずなのに。

とりあえずトイレを済ませミオ!ミオ!と名前を呼びながら縁側に。

ここにもいない。

1階のあらゆる部屋を覗いてもいない。

2階の僕の趣味の部屋にもいません。

『うわっ。外へ出ちゃったかな。』と焦る僕。

とりあえずもう1度捜しました。

1階。

どこの部屋にもいない。

2階。

どこの部屋にもいない。

モモミオ入室禁止の部屋にもいない。

『うわー。』って焦りが募ります。

庭に出て『ミオ。ミオ!』と呼んでもどこからも姿を現しません。

うわー、どうしようって焦りばかりが募ります。

マズイ、マズイ。

ここはいったん落ち着こうとタバコを吸う。

味なんかわかリャしない。

もう一度家の中を捜そう。

外に出た形跡は見当たらないし。

すると1階の納戸の扉が少し開いてるのに気が付きました。

藁にもすがる想いで開けると・・・

ミオが納戸の奥でぐっすり寝てました。

よかったーーー。

扉の裏側には引っかいた跡がたくさんついてました。

おそらく納戸にはいったものの出ようとしたら掃除機のホースが引っ掛かって出るに出られなくなったものと推測されます。

だから一生懸命扉を開けようと引っかいたんだろうな。

ホッとした僕。

閉じ込められて疲れて寝てしまったミオ。

「やっと出られた!」って僕の顔をぺろぺろ。

『心配したんだぞ。』

しかし納戸のなかへ閉じ込められてさぞ恐かったろうに。

でも恐かったって表情はありません。

ただひたすら僕にむかってしっぽを振ってる。

ミオ。

冒険もいいけどあんまり心配させないでくれよ。

ミオの大冒険と僕のハラハラドキドキの巻でしたーーー。

ホントーに焦ったんだから。

| | コメント (17) | トラックバック (0)

餃子パーティ!

こんにちは。

相変わらず残暑厳しいですね。

ついつい食欲も減退してしまいます。

そんなときは僕の大好物餃子を食べよう!っていうことで。

まずニンニク、玉ねぎをいれてない餡をこねて餃子の皮に包みます。

誰の分かって?

そりゃもちろんモモミオの分ですよ。

そしてニンニク、玉ねぎ、しょうがをたっぷりいれてこねた餡を餃子の皮に包みます。

プロの料理人ならホイホイと包んじゃうだろうけどここは丁寧に波をつけて包みます。

あとは焼くだけ。

モモミオは手作り餃子の製作過程をジッと見つめてました。

今度はモモミオ達だけで作れるかな?

フライパンで焼いて小麦粉を溶いた水をかけまわして蓋をする。

蒸し焼き状態ですね。

ジュワーっていい音が。

焼くことしばらく。

見事羽つき餃子の出来上がり!

つけあわせにもやしを添えて浜松餃子風に。

モモミオも自分達も食べられるんだ!って嬉しそうに小躍り。

モモミオにはカリカリにキャベツ、ブロッコリーを載せてその上に餃子を3個ずつON。

僕は縁側に豆腐の冷奴とご飯とサラダを持ってスタンバイ。

モモミオは速く食べたいのか「お座り」「お手、おかわり」「伏せ」「ゴロン」を繰り返しいい子アピール。

『よし!食べるがよいのぢゃ。心して食べるのだぞ。』

ぼくはビールを一口。

かーーーーっ!うまい!

この1杯のために生きてるなー。

餃子もおいしい。

モモミオはパクパク。

縁側で涼みながらの晩ご飯。

おいしゅうございました。

モモミオも満足してくれたかな。

ちなみに僕は餃子に醤油をつけて食べません。

お酢オンリーです。

モモミオと餃子パーティのひとコマでした。dogsun

| | コメント (17) | トラックバック (0)

猫。

こんにちは。

24時間テレビ。

募金会場へ行って少ないながらも募金してまいりました。

少しでもお役にたてば。

お笑い芸人さんたちも汗びっしょりで頑張ってらっしゃいました。

さて。

我が家の庭は猫の通り道になっております。

西隣の家のブロック塀を渡ってウチの庭にヒョイと飛び降り悠々と庭でお昼寝してたりもします。

どこのお宅の猫ちゃんかな。

時々煮干しを与えたりしてます。

でも警戒心が強いのか僕が一定の距離に近づくとズズッと後ろへ引き下がります。

まあこんなことは猫にはよくあること。

しかし昨日大発見が!

昼間24時間テレビを観ていたら庭先で「ふにゃふにゃふにゃ」ってミオの声がします。

たしかミオはモモと縁側でお昼寝してた。

慌てて庭を見るとミオと猫が丸まってくっついた状態でゴロゴロしてる。

『うわっ。喧嘩か。』と思ってよく見るとミオはしっぽを振ってる。

猫のほうも逃げる訳でもなくミオの顔をぺろぺろなめてる。

どうやらじゃれあってるみたい。

しかしいつの間に仲良くなったんだ。

猫ちゃん、僕には警戒心をもってるのに。

モモは縁側で横になってその様子を見てる。

喧嘩なんてしません。

モモの度量は大きいんだな。

しばらくして別の猫がやって来てミオとじゃれてた猫ちゃんは一緒にブロック塀にヒラリとジャンプして行ってしまった。

ミオはそれを眺めて縁側に「よいしょ」と登ってまたお昼寝を始めちゃいました。

僕が把握してるだけでウチの庭に姿を現す猫ちゃんは3匹。

同じお宅で飼ってる猫ちゃんかな。

それにしてもミオのやつ猫ちゃんに喧嘩ふっかけたりしなくて大人になったもんだ。

うんうん。

モモは興味ないだけかな?

あはははははは。

| | コメント (15) | トラックバック (2)

モモパパの恐怖!

昼間の出来事です。

トイレに行こうと玄関の前を通ったとき何気なくモモとミオが寝てる姿を見ると玄関の網戸越しに・・・

へ、蛇が~~~~~~~!

『ぎゃーーーーーーーーーーーーーーーっ!』

僕は大絶叫。

なにせ蛇は大の苦手。

生理的に受け付けない。

慌てて玄関の戸を閉めて蛇が去ってくれるのを待つのみ。

15分後。

お風呂場の窓からのぞくとまだいる。

30分後。

まだいる。

1時間後。

まだいる。

モモミオはなんだ、なんだ。どうした、どうした?って僕の異変に気付き僕の周りをうろうろ。

2時間後。

まだいるーーーーっ!

困った僕はモモミオに駆除をお願い。

モモミオは分かったんだか分かってないんだか。

とりあえず玄関の戸を開け網戸越しに蛇の姿をモモミオに見せます。

体長1mくらいはありそうなのがとぐろを巻いてる。

ミオは闘争心むき出し。

モモは沈着冷静。

『モモにミオ!さあ闘って追い出してくれ!』

思い切って網戸を開けました。

ミオは蛇に飛び掛ります。

しかし蛇が鎌首もたげてきたのをみて戦意喪失。

近寄ったり後ろに下がったりして実はミオも恐い様子。

そこでモモの登場。

今までモモパパのピンチを救ってくれたこと数知れず。

沈着冷静に眺めてた。

モモはゆっくりと近づきいきなりモモパンチ!

間を置かずにモモパンチの連打!

観てる僕は鳥肌たててオロオロ。

しかし蛇も反逆してきます。

モモに向かって鎌首をもたげてきます。

モモはその瞬間首を足で押さえつけモモパンチ、モモキックの連打。

とうとう蛇は慌てて逃げちゃいました。

さすがモモ!

dog「ふー。今回はなかなか手強かったな~。もう大丈夫だよ。」

って言ってるかのようなどや顔。

ミオはモモに加勢してたまにミオパンチを出すだけ。

でも親子強力して僕の苦手な蛇を追っ払ってくれました。

ミオは母親のモモのことを見直したかも。

いつも沈着冷静なモモ。

お2人さんにはおやつのちくわ。

ちょっと多めにあげました。

それにしても蛇、恐かった~。

| | コメント (22) | トラックバック (0)

最初で最後の・・・。

こんにちは。

8月も終盤にはいりましたね。

そこで気付きました。

今年一度も花火を観てないと。

別に必ず観なくちゃいけないもんじゃないけど観なきゃ観ないでなんか損した気分。

なら自分でやっちゃおう。

派手な打ち上げ花火はできないけど。

そこは僕も大人。

ロケット花火なんかはもう卒業しました。

買ってきたのは「花火職人がつくった線香花火」。

普通の線香花火とは訳が違う。

花火職人がつくったやつですよ。

晩ご飯の後モモミオ共々いざ!花火大会!

線香花火に火をつけます。

チリチリチリチリ。

最初の火薬の色が七色に変わります。

おおっ!こりゃすごい!

そして結構な大きさの七色に変化するパッパと飛び散る火薬。

モモは不思議そうに眺めてる。

ミオは興味ありすぎて近づきすぎ火薬が鼻に当たりアッチッチ。

普通の線香花火と違って色が多彩。

そして最後のほうの火の固まりが大きくなかなか落ちません。

モモもミオも多分はじめて見る線香花火。

次の線香花火はどういうわけか火の勢いが強い。

パッパッパって飛び散る七色の火。

つくった職人さんが違うのかな。

ジッと観てるモモ。

興味津々だったミオは少し離れて遠巻きに観てる。

いやー、普通の線香花火とはまったく違う。

色鮮やか。

飛び散る火が七色に変化するなんて。

普通の線香花火はオレンジ色の火の固まりが精一杯。

一応普通の線香花火もやってみましたがやっぱり違う。

モモはジッと観てたけどミオは花火の飛び散った火薬が鼻に降り注ぎびっくりした様子。

1m四方から入ってきませんでした。

火傷しなかったかな。

今夏最初で最後の花火をモモとミオで楽しみました。

暑かったけどなんか童心にかえったようで僕個人的にも満足の線香花火大会でした。

| | コメント (13) | トラックバック (0)

お友達!

こんにちは。

昨日の僕のhospital通院日。

疲れました。

朝5時50分に出かけて帰ってきたのが16時。

医薬分業でそれまで院内処方されてたお薬が処方箋もらって薬局でもらうシステムに変更になってその手続きの書類作成はしてあったんですが不備がありゴタゴタに巻き込まれるはめに。

精神的に疲れました。

その間モモミオは扇風機をまわしたままの玄関でずっと待ってたらしく僕が『ただいまー。』って開けた瞬間嬉しそうにしっぽを振ってお出迎え。

dog「おかえり!遅いから心配しちゃったよ!」

dogdog「朝早く出たのに今日は帰りが遅かったでちゅね。」

『そっか、そっかー。待っててくれたかー。嬉しいのぢゃ。』

そしてそのままお散歩へ。

まだまだ暑い。

汗がダラダラ流れ出ます。

歩いてると今まで見かけたことがないわんちゃんに出逢いました。

モモと比べるとちっちゃい。

オーストラリアンテリアのムサシ君。

初めましてです。

モモはムサシ君が気になって仕方ないようでお尻をクンクン。

前脚を低くして「遊ぼうっ!」って誘います。

僕は飼い主さんに『ホントーにすいません。』って。

飼い主さんは「いいのよいいのよ。この子もお友達ができて嬉しいみたい。」って。

ムサシ君はモモの背中に乗ろうとしたのかモモの首に手をかけて短いお足でじたばたもがいてる。

しかし体の大きさが違うから前脚は乗せられても後ろ足が届きません。

じたばたじたばた。

モモは嬉しそうにみてるだけ。

延々そればかりやってました。

あまり長い時間邪魔しちゃうと悪いかなと思い『モモ!行くよ!』って引っ張っても思いっきりフンバして動かない。

引っ張ってもフンバ、引っ張ってもフンバ。

相当ムサシ君との相性がいいみたいです。

ムサシ君の飼い主さんはその姿をみて笑ってた。

モモとムサシ君、しばらくじゃれあってました。

モモの新しいお友達ムサシ君。

これからも仲良くしてね~~~happy01

| | コメント (11) | トラックバック (0)

ドッグカフェデビュー!

こんにちは。

明日は僕の通院日です。

早くもブルーな気分になっております。

そんな僕を見つめる瞳が四つ。

モモとミオが心配そうに僕を見つめてる・・・

それだけで嬉しいし力になります。

そんなこんなでドッグカフェデビューしちゃいました。

デビューしたのは僕とモモ。

ミオは腹出してぐっすり寝てたのでそのままお留守番。

下調べしておいたお店「dog houseリバティアイランド」さん。

入る前緊張しちゃいました。

『あの~。先ほどお電話した○○と申しますが初めてなんですけど入ってもいいですか?』

結構お客さんがいっぱい。

モモがおとなしくしてくれるかどうかは心配してなかったのですが初めての僕はド緊張。

喉が渇いて出されたお水も一息で飲んじゃいました。

あ~、僕は完全にこの雰囲気に呑まれてる。

そこへオーナーさんらしき方がやって来てモモをなでながら「初めていらっしゃるワンちゃんですね。どうぞゆっくりしていってください。」って。

これで緊張が少し解けた。

お薦めのランチ+ドリンク、ワンコミルクのセットをお願いしてあらためて見渡すとなんだか気品漂うワンちゃんばかり。

モモだって負けないくらいかわいいんだぞって胸の中で叫んでました。

モモは足元に伏せしておとなしくしてる。

ワンコミルクをぺちゃぺちゃ。

僕はランチをいただきます。

周りのセレブ~な雰囲気にやっぱり圧倒されて味がわかんなかった。

モモは嬉しそうなお顔してたけど。

ドッグカフェデビューで緊張しすぎてドリンクを飲む手も震える。

田舎モノ丸出しの僕。

何度か通えば慣れるんだろうな~。

でも僕には縁側で枝豆とか焼き鳥を食べてビールを飲みながら庭をうろうろしてるモモミオを見てるほうがお似合いかな。

セレブ~な世界に一歩デビューしたモモと僕でした。

♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:

最後までおつきあいいただきありがとうございました。

とっても嬉しいです。

| | コメント (18) | トラックバック (0)

ワタシ達も食べたい!

こんにちは。

庭先の畑で収穫した野菜。

きゅうりは浅漬けにしてナスは焼きナス、ピーマンは肉詰め、トマトとオクラときゅうりのサラダにしようと決めました。

いやー。

毎日晩ご飯の献立を考えるのも大変ですね。

台所に立つとどこからともなくモモミオがやって来る。

そして熱い視線を僕に送ってくる。

『チミ達はおやつにちくわ食べたしさっきミルクアイス食べたばっかりじゃないか。』

それでも負けずに熱い視線を送ってきます。

dog「アタシ達にもおいしいものつくってくれるよね。ねっ!ねっ!」byモモ

dogdog「おいち~いモノ、食べたいでちゅ。アタシ達のおにーちゃんでちゅから期待ちてまちゅよ。」byミオ

僕は負けた。

そんなつぶらな瞳で見つめられると負けてしまう。

ピーマンの肉詰めのひき肉を使ってモモミオ用ハンバーグを焼いてやることに。

思ってたよりもひき肉が多く必要になっちゃった。

玉ねぎを入れる前の肉をコネコネ。

モモとミオそれぞれに3個ずつ。

そして玉ねぎを入れた肉をピーマンに詰めます。

そして焼き茄子。

皮をむくのがアッチッチ。

上におくらと削った鰹節をトッピング。

僕は鰹節、毎回削ってます。

売ってる花かつおみたいにひらひらにはならないけど。

サラダはチャチャッと混ぜドレッシングで。

ピーマンの肉詰めとモモミオ用ハンバーグが焼きあがりました。

カリカリの上にキャベツ、トマト、きゅうりとハンバーグを載せて晩ご飯完成!

ついでに僕の晩ご飯も完成!

モモミオは食べる前に必死のいい子アピール。

「おすわり」「お手、おかわり」「伏せ」「ゴロン」と一通りやります。

そして「待て」。

ご飯をジッと見つめるモモミオ。

『よし。食べるがよいのぢゃ。』

焼き茄子、おいしー。

ピーマンの肉詰め、おいしー。

きゅうりもおいしー。

モモミオはハンバーグがおいしー。

食後エアコンの効いた部屋でモモミオはごろりんこ。

満足したか。

モモ。

ミオ。

どうやら満腹のようです。

| | コメント (13) | トラックバック (0)

庭先の畑にて。その③

本日2度目の更新記事です。

庭先の畑で野菜を収穫しました。

きゅうりがちょうどいい大きさのが7本。

ナスが4本。

トマトが3個。

オクラが4本。

ピーマンが6個。

ソラマメが17個。

モモが吟味に吟味を重ねた食材です。

dog「このお野菜もう収穫してもいいんじゃな~い?」って。

野菜ソムリエのモモのアドバイスです。

実際はモモが野菜をクンクンしてただけなんですけどね。

きゅうりは新鮮この上なし。

ぐんにゃりと曲がっちゃってるけど。

でもきゅうりを使ったレシピはあんまり知らない僕。

クックパッドで調べてみるか。

今夜の晩ご飯は焼き茄子にオクラを乗っけて鰹節をかけたもの。

そして冷奴にオクラと鰹節をかけたのにしようかな~。

きゅうりは新鮮なまま丸かじりかな。

それとも冷やし中華を食べるときに冷蔵庫にしまっておこうかな。

いやいや。

まだまだきゅうりはこれからまだまだいっぱい収穫できそうだ。

ここはひとつモモミオに食べてもらうか。

新鮮だからきっとモモミオも満足してくれるかな~。

...。oо○**○оo。...。oо○**○оo。...。oо○**○оo。

本日2度目の記事。

前の記事もあわせてご覧になっていただければとっても嬉しいです。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

やられた!

暑い!

蒸し暑い!

モモミオもぐったりです。

ついでに僕もぐったりです。

事の次第はこうです。

毎年自治会主催で催されてる盆踊り。

その案内状には飲み物引換券、焼きそば引換券、お楽しみくじ、スーパーボールすくい、金魚すくい遊び券がついてます。

毎年金魚すくいを楽しみにわざわざ実家からやって来る甥っ子。

案内状をとっておきました。

昨日なんか玄関に紙が散らばってるな~と思いよ~く見るとな、なんと!

案内状がびりびりに噛み千切られてる~~~!

跡形もない。

テープで修復を試みましたが元通りには程遠い。

ミオの仕業だな~。

それよりこのこと甥っ子になんて説明しよう。

「おっちゃんのバカ~~~!ミオちゃんのバカ~~~ッ!」って泣かれちゃうかな。

はぁ~あ。

気が重い。

金魚すくい1回のことでこんなに気が重くなるとは。

僕はちょくちょく甥っ子にミニカーを買ってあげるのでおもちゃの神様と思われてるようで期待を裏切ってしまうことが少々辛い。

でもここまでびりびりに破かれちゃうとな~。

参った、参った。

| | コメント (8) | トラックバック (1)

カミナリ。

こんにちは。

大気が不安定だと気象情報で言われてます。

モモミオ生息地域もここ数日激しい雨とカミナリが鳴っております。

モモミオはカミナリは案外へっちゃらみたいですが先代モモはカミナリが鳴るとパニック起こしてたっけ。

部屋のテレビを落っことしたりふすまに突っ込んでいって頭が抜けなくなったり。

モモミオはちょっと大きいカミナリが鳴ると耳をピクッて動かす程度。

でもそれは家の中だけ。

モモはお外でしか用を足せないから雨降りでもお外へ行かなくちゃならない。

昨日もdog「はやく!はやく!もれちゃう!」って急かすんでカッパを着るのももどかしくお外へ。

あいにく外は激しい雷雨です。

急かす割にはなかなかコレ!って場所が見つからないのかなかなか用を足さない。

こだわりがあるんでしょうな。

それでも激しい雷雨は続いてます。

突然ピカッと光ったと思ったら間髪入れずガラガラビッシャーン!

稲妻が見えました。

そして間を開けずにまたもピカッ!今度は一瞬周りが明るくなりガラガラビッシャーン!

一瞬地響きを感じました。

今まで聞いたことない音です。

モモは飛び上がってびっくり。

早く帰ろうって家の方向へまっしぐら。

おいおい。

まだ用足しは終わってないだろう。

家の玄関に入ってカッパを脱ぐと「ふーーーーっ」と大きな溜め息。

お外で聞いた僕も聞いたことがないほどの雷鳴にはさすがに驚いた様子。

近くに落ちたようで停電してました。

用足しは結局お庭で簡単に済ませ今度は安堵感からか溜め息を「ふーーーー」。

最初っからお庭で済ませておけばよかった。

それにしても僕も思わずひるむほどの重低音のものすごい雷鳴でしたよ。

モモもびっくり。

僕もびっくり。

| | コメント (15) | トラックバック (0)

あついっ!

こんにちは。

今日も今日とて日々暑い。

モモもミオも玄関でぐったりです。

そういう状態なので毎週日曜日恒例にいつの間にやら決まったプールの日です。

ビニールプールを持ってきたらミオは満面の笑顔。

しっぽを振って準備を急がせます。

モモはなんとなく虚ろな顔。

準備完了。

ミオは一番にプールに飛び込みバシャバシャひとりで大騒ぎ。

モモははいろうとするけどなかなかはいらない。

この間やっとプールの水を克服したと思ったのにあれは幻だったのか。

やがて意を決したのか助走をつけてプールへザブン!

波しぶきがミオにかかります。

ミオは遊びの催促と思ったらしくしきりにモモに水をかけまとわりついてます。

モモはそんな気ゼロなのに。

モモが相手してくれないミオはパワー全開。

プールの水をこぼしながら跳ね回ってます。

コレコレ。

この姿を見たかったのですよ。

モモはプールの水に浸かり時たま鼻先を水に突っ込み象のように水を僕に向かってかけてきます。

モモにとってプールは暑さをひとときだけ忘れるためのものかな。

まあモモもそんなに嫌いではなさそうです。

モモとミオのはっちゃけ度合いには差があるけれど。

プール遊びも終わり晩ご飯に鶏のから揚げをつくってるとミオがジーッと見てる。

揚がった鶏モモ肉をバットに置いたら隙をつきから揚げを1個パクリ。

でも揚げたてだからとっても熱い。

「アチチチッ!」となったミオは思わず口にしたから揚げをポトリと落としました。

そして玄関へ避難。

僕に怒られると思ったのでしょう。

ミオのやつ火傷しなかったかな。

しきりにお水を飲んでました。

天罰なのぢゃ。

ミオが口にしたから揚げ?

もちろん僕がおいしくいただきましたよ。

ワンコが口にしかけたのを汚いって発想は僕にはありませんので。happy01

| | コメント (12) | トラックバック (1)

悲しい・・・。

昨日車で割りと交通量の多い道を走ってたら・・・

ネコの遺体が・・・

追突されないようにゆっくりと止まりハザードランプを点滅。

ネコなのか犬なのかの区別もつかないほどの状態でした。

しっぽの形から恐らくネコかと。

血だらけの体を抱えあげて道路の脇へ。

そして車にいつも積んであるペットボトルの水を供えて線香を焚きあげて合掌。

たしかに動物が飛び出してくると急ハンドル切ったり急ブレーキをかけるのはとっても危険です。

だからはねてもそのままにしちゃうんでしょう。

でも僕はそんなかわいそうな最期をアスファルトの上でむかえてしまった犬猫たちを無視できません。

たとえ偽善者と言われようがせめてお線香の一本ぐらいは手向けてやりたい。

車にはねられた動物が道路に転がってるのは時たま見かける光景ですがどうしても無視できません。

家に帰ったらにおいがするのかモモミオはしきりに僕の体をクンクン。

どうやらなにが起こったか分かってるみたいです。

いちいちそんなことに関わってたらというお声もあるでしょうがもし車にはねられたのがモモミオだったとすると・・・

そんなことを考えさせられる日でした。

| | コメント (11) | トラックバック (0)

焼き鳥!

こんにちは。

夕方自転車に乗ってフラリと駅前へ。

フラリといってもちゃんとした目的があるのです。

それは焼き鳥屋さんに行くこと。

別に飲みにいくわけではなく持ち帰りのものを買いに行ったのです。

そこの焼き鳥屋さんは立飲み屋で僕の大のお気に入り。

大将は口数も少なくいまいち愛想がないけど焼き鳥は絶品!

炭火で焼き鳥1本80円からと非常にお安い。

そして焼き鳥の他にも絶品があります。

それは串カツ。1本80円。

ソーセージ串カツ。1本80円。

カリッと揚がってておいしいんです。

「いつものヤツ、ください。」と言うとチラッとこっちを見て「はいよ。いつものだね。」って。

愛想もへったくれも無い。

でも安くておいしいので僕はむしろそこがいいと思ってる。

いつものやつとは串カツ5本、ソーセージ串カツ5本、焼き鳥詰め合わせ20本、味をつけてない焼き鳥10本です。

味付けなしはもちろんモモミオ用。

味がついてないからと1本につき20円安くしてくれます。

さて、帰宅。

おいしいものの匂いに敏感なモモミオ。

手に持ったビニール袋からの匂いにうっとり。

もう食べられると思ってる様です。

モモミオ用にカリカリにキャベツ、ニンジン、焼き鳥を乗せて準備です。

「お座り」「お手、おかわり」「伏せ」「ゴロン」「待て」を一通りやって『さあ。食べるがよいのぢゃ。』

ぱくぱく食べてます。

僕はビールを飲みながら(第3のビールですけどね)串カツを堪能。

まだアツアツです。

焼き鳥もアツアツ。

このお店はつくねが絶品。

美味しい~。

幸せだぁ~。

その頃モモミオはご飯を食べ終わり僕の方をジッと見つめてくる。

視線が熱い。

鶏皮を1本タレをこそぎ落として食べさせてやりました。

これで満足顔。

腹出してゴロンとなってました。

僕は串カツと焼き鳥を堪能。

美味しい晩ご飯でした。

| | コメント (13) | トラックバック (0)

桃太郎ちゃん、Again!

こんにちは。

父親の眠るお墓までモモとちょっと遠出したら黒柴わんこ桃太郎ちゃんに逢いました。

桃太郎ちゃんは僕が以前保護したわんこ。

夜中にモモのお散歩してたら首輪にリードをつけた状態で突然眼の前に現れびっくりしたことを覚えてます。

その後無事飼い主さんが見つかりホッとしたもんです。

モモは桃太郎ちゃんに逢えて嬉しくてしっぽブンブン。

前脚を低くして「遊ぼう!」って誘ってます。

モモは元々どんなわんこにもフレンドリーな性格。

それが裏目に出てガウガウ吠えられちゃうこともありますけどね。

桃太郎ちゃんも久々の再会で嬉しかったのかしっぽブンブン。

なんか楽しそうにじゃれあってます。

飼い主さんはニコニコして「モモちゃん元気ですね~。」って。

僕も「桃太郎ちゃんも嬉しそうですね~。」って。

飼い主さんは桃太郎ちゃんのことを「桃!桃!」って呼ぶのでウチのモモは自分が呼ばれたのかと勘違い。

桃太郎ちゃんも僕がモモを呼ぶとちらちらこっちをみて「もしかして自分のこと呼ばれてるのかな?」って顔してる。

桃太郎ちゃんの飼い主さんも「お互い名前を呼ぶのが一緒の名前だから戸惑ってるみたい。ウフフ。」って仰る。

たしかに桃太郎ちゃんとモモにとってはややこしいかも。

でも久しぶりの再会にお互い嬉しそうでしたよ。

ウチに帰ったらミオのお帰りなさい攻撃が僕のみぞおちに入り僕はグロッキー状態に。

恐るべしミオの技・・・。

| | コメント (11) | トラックバック (0)

桃パーティ。

こんにちは。

岡山に住む友人から桃が送られてきました。

大学時代からの親友でサラリーマン生活を途中でやめ家業の桃農家の跡を継いだとてもいいヤツです。

さっそくお礼状を書きポストへ投函。

いよいよ桃との対面です。

開ける前から甘~い香りが漂ってきます。

その香りにモモもミオもうっとりlovely

どんな美味しいものがはいってるのか気になる様子。

ジャジャーン!

dog「あっ!桃だ!」

dogdog「わっ。桃でちゅ。」

桃は冷やして食べるのがおいしい。

冷蔵庫にいれて晩ご飯のあとに食べよう。

ついでに桃のシャーベットをつくろう。

桃をミキサーにかけ少し砂糖とレモン汁をくわえた桃のみ使ったシャーベット。

晩ご飯が待ちきれなかったモモミオ。

いつもよりちょっぴり早い時間のご飯です。

そしてそしてよーく冷えた桃の登場です。

モモミオ「おすわり」「お手、おかわり」「伏せ」「ゴロン」「待て」をちゃーんとしていい子アピール。

『さあ食べるがよいのぢゃ。』

僕も食べてみるとあま~い。

果汁がしたたり落ちます。happy02

モモは味わって。

普段は早食いのミオも味わってる。

おいしそうな笑顔満点。

続いて桃のシャーベット。

これもおいしい。

モモミオもこのシャーベットは気に入ったみたいです。

桃はまだたくさんある。

痛む前に食べないとな。

しばらく桃の日が続きそうです。

でも桃大好きな僕。

まったく気になりません。

モモ、ミオ。

おいしかったか。happy01

dog「もちろん!もっと食べたいよ。」

| | コメント (13) | トラックバック (0)

プール!

こんにちは。

いやー。

朝から30度超えです。

あんまり暑いんでモモミオをプールで遊ばせることにしました。

前回はモモが入ってくれず惨敗。

そこで水の量を減らしてみることにしました。

なんてたってモモは泳げませんからね~。

プールを物置から引っ張り出して空気をシュポシュポ。

水をじょろじょろ。

ミオはやる気満々です。

『さあ準備できたぞ。遊ぶがよいのぢゃ。』

ミオは勢い良くザブーン!

水に浮かんだあひるのおもちゃを追っかけてる。

モモは慎重に恐る恐るプールをのぞいてる。

前回ここで僕はモモをプールのなかに放り投げた。

それが惨敗の原因。

ここはじっくり待とう。

モモは「はいっても怖くない?」って僕に問いかけるようにチラチラ目線を僕に送ってくる。

やがて意を決したのか恐る恐るプールへはいってくれました。

なんだー。

はいれるじゃん。

ミオはバシャバシャひとりで騒いでる。

モモも案外楽しいかもって徐々にヒートアップ。

鼻先を水に突っ込んで僕に水をかけてくる。

『象か!おまえは。』

1時間あまりのプール遊び。

ミオは「ひゃっほーい!」って満喫した様子。

モモも堪能した様子。

笑顔がみられます。

ちょっとは涼しくなったかな。good

| | コメント (11) | トラックバック (0)

庭先の畑にて。

いやー。

暑いです。

ちょっと動くだけで汗がダラダラ。

一雨欲しいところです。

そんな昨日。

庭先の畑の野菜の収穫をしました。

モモはクンクン野菜の吟味。

これなんかいいんじゃない?って・・・( ´艸`)プププ

ナスがでっかくなりすぎた。

こりゃいかんと収穫。

あときゅうりとオクラ、ピーマン、トマトと種類は少ないながらも結構な量を収穫。

野菜を獲ってる間モモは木陰で涼しげな顔。

ミオは縁側で腹出して寝ておりました。

安心しきってるのかな。

早速収穫した野菜を晩ご飯に料理です。

ナスを使って麻婆茄子をつくりあらかじめ茹でておいたそうめんの上に麻婆茄子をのせます。

それにしてもそうめん茹ですぎた。

これはモモミオの晩ご飯に使おうということでそうめんに茹でた鶏肉、キャベツ、きゅうりをトッピング。

こりゃちょっと量が多いかな?まあいいか。

モモミオいただきま~す。

モモは味わって食べる派。

ミオは一気食い派。

さて僕もいただきま~す。

まいうー。

こりゃなかなかいける!

麻婆茄子はレトルトじゃなく一から香辛料、ひき肉などを使って僕オリジナルの作品。

エアコンなしだと汗が吹き出てきます。

エアコンスイッチON。

ひんやり涼しい~。

ビールもうまい。

麻婆茄子そうめんも美味しい。

モモはエアコンの涼しさでうとうと。

ミオはお腹いっぱいになったのかまたしても腹出して寝ておりました。

ミオ。

チミは一応レディーなんだからその格好やめなさい。

| | コメント (13) | トラックバック (0)

アイスとシャービック。

いやー。

暑いです。

モモミオもダルダル状態。

玄関でぐったりです。

そんな暑いひと時を一瞬でも忘れられるように毎年恒例のシャービックをつくりました。

あの懐かしいシャービックです。

僕が冷蔵庫に向かう気配を感じるとモモミオは玄関からすっ飛んでやってきます。

ちくわかモモミオ用アイスのどちらかがもらえるからです。

モモミオ用アイスとはワンコ用ミルクを凍らせただけのもの。

冷蔵庫に行く度にやってきます。

『今回は麦茶飲みに来ただけだけだよ。』

終いにはミオは冷蔵庫の前に常にいる状態に。

冷蔵庫の前はリビングからの風通しがいいっていえばいいんですが。

もう玄関からの移動がじゃまくさくなったんでしょうね。

いつ貰えるんだろうとフローリングの床にべったり寝ながら僕の方チラッチラっとチェック。

根負けした僕。

いつもの時間より少し早いけどモモミオにアイスをあげよう。

冷蔵庫に移動するとモモの足音がします。

モモはモモで玄関で気配をうかがってた様子です。

『そりゃ。チミ達専用のアイスなのぢゃ。心して食べるがよいのぢゃ。』

モモミオしっぽをブンブン振って食べておりました。

おっと!忘れるところだった!

僕が食べるシャービックがあったんだ。

ガラスの器にシャービックを入れてぱくり。

うーん、ちょっと粉っぽいけど冷たくておいしーーー。

シャービックを食べてる姿をみつめるモモミオ。

『これはチミ達は食べられないのぢゃ。諦めるがよいのぢゃ。』

それでもワンコ用アイスを食べてちょっぴり満足気なお顔のモモとミオでした。

明日の分もあるからなーーー。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

金魚。

モモとミオのおもちゃとおやつを買いにホームセンターまで行ってきました。

ペットコーナーへ行くと金魚すくいのコーナーがあり2人の子供達が一生懸命すくっておりました。

僕はひさびさに金魚すくいがやりたくなったのですが子供達の間に割ってはいるのはちと恥ずかしい。

しばらくすると子供達は去っていき「じゃあ僕も。」って大人気なくやってしまった。

成果は和金と黒出目金の2匹。

家に帰る途中ビニール袋にはいった金魚を置くことが出来ずにバックミラーに吊るしてきました。

物置から随分昔に使ってたガラス製の金魚鉢と酸素のぷくぷく装置をひっぱり出して来てセット。

水と金魚をいれてぷくぷく装置が動くか確認。

20年ぐらい前のやつなのに動いた!

モモとミオは金魚に興味津々。

dog「コレ、な~に?ちっちゃいお魚?」byモモ

dogdog「このひらひら泳ぐものはなんでちゅか?」byミオ

『金魚というものぢゃ。悪さするでないぞ。』

金魚鉢は下駄箱の上に置いてやりました。

う~ん。夏らしい光景だ。

しかし心配事がひとつ。

興味をもったミオが下駄箱に脚をかけ思いっきり体を伸ばして見つめてる。

もちろんミオの脚は届かない距離にあるんですがなにが起きるかわからない。

でも他にいい場所がない。

ミオには『ちょっかい出すなよ。』ときつ~く注意しておきました。

ミオは分かったんだか分かってないんだか。

まあすぐに慣れて興味も薄れるだろう。

モモは興味があっという間に薄れたのかその間骨ガムをカジカジしておりました。

マイペースだな~。coldsweats01

| | コメント (8) | トラックバック (0)

金魚。

モモとミオのおもちゃとおやつを買いにホームセンターまで行ってきました。

ペットコーナーへ行くと金魚すくいのコーナーがあり2人の子供達が一生懸命すくっておりました。

僕はひさびさに金魚すくいがやりたくなったのですが子供達の間に割ってはいるのはちと恥ずかしい。

しばらくすると子供達は去っていき「じゃあ僕も。」って大人気なくやってしまった。

成果は和金と黒出目金の2匹。

家に帰る途中ビニール袋にはいった金魚を置くことが出来ずにバックミラーに吊るしてきました。

物置から随分昔に使ってたガラス製の金魚鉢と酸素のぷくぷく装置をひっぱり出して来てセット。

水と金魚をいれてぷくぷく装置が動くか確認。

20年ぐらい前のやつなのに動いた!

モモとミオは金魚に興味津々。

dog「コレ、な~に?ちっちゃいお魚?」byモモ

dogdog「このひらひら泳ぐものはなんでちゅか?」byミオ

『金魚というものぢゃ。悪さするでないぞ。』

金魚鉢は下駄箱の上に置いてやりました。

う~ん。夏らしい光景だ。

しかし心配事がひとつ。

興味をもったミオが下駄箱に脚をかけ思いっきり体を伸ばして見つめてる。

もちろんミオの脚は届かない距離にあるんですがなにが起きるかわからない。

でも他にいい場所がない。

ミオには『ちょっかい出すなよ。』ときつ~く注意しておきました。

ミオは分かったんだか分かってないんだか。

まあすぐに慣れて興味も薄れるだろう。

モモは興味があっという間に薄れたのかその間骨ガムをカジカジしておりました。

マイペースだな~。coldsweats01

| | コメント (7) | トラックバック (0)

« 2012年7月 | トップページ | 2012年9月 »