« 実家で食事。 | トップページ | 工事。 »

工事。

こんにちわ。

昨日のこと。

お昼間ついついうとうとしてると何やらミオが玄関でギャンギャンとうるさい。

『ミオ!うるさいよ!どうしたの?』って声をかけもしやまた不審者?って思ったらなんだか外からダダダダダダッ!って音がする。

玄関の戸を開けたらウチの真ん前を工事してるではないか!

『ええっ!今日工事だなんて聞いてない!これじゃ車も出せないじゃないか!それどころかお散歩にも出かけられないではないか!』

現場監督らしき人に『これ、何の工事ですか?』と聞くと「水道管の交換工事です。ご存知なかったんですか?若い者が伝えにまわったはずなんですけど。」って言う。

一昨日から昨日まで僕はずっと家に居た。誰も回ってこなかった。何も聞いてない。と言うと現場監督らしき人が「おーい。」って誰かを呼びました。

若い人が走ってきて「お前このお宅に工事の連絡したか?」って監督。

若い人はなにも答えず下を向いたまま。

「連絡したかって聞いてんだよ!」って若い人のヘルメットをはたく。

それでも下を向いて黙ってる若い人。

監督は「だから連絡したかっ!いなかったら工事連絡のチラシをポストに入れておくことになってたろ!」って段々エスカレート。

若い人は「すいません。連絡してません。」ってちっちゃい蚊の鳴くような声で答えました。

監督は「ああっ!聞こえねーよ!してないのか?なにやってんだテメー!」って若い人を蹴飛ばしました。

僕はいたたまれなくなり『わかりました。わかりました。暴力はやめてください。ダメですダメです。今日1日の我慢ですよね。わかりました。もう大きな穴掘っちゃってますもんね。今更工事をやめることはできないですよね。わかりました。暴力はいけません。』って僕。

監督は「申し訳ない。今日は車出せなくなっちゃって。」って僕に言いました。

若い人に向かって「ほら謝れ。」ってなんだか高圧的な態度。

若い人は「すいませんでした。ご迷惑をおかけしました。」って僕に向かって言うと持ち場に戻っていく。

『今日は車使わないから。ただウチ犬飼ってるんでこれじゃお散歩に行けない。』って言うとなんとかしますんでって返事。

僕は仕方ないな~って思いながらウチに入りました。

夕方モモがお散歩へ連れてって~ってそわそわ。

もうおティッコの我慢の限界がきてる模様。

モモにリードをつけて外に出るとまだ大きな穴が口を開いてる。

モモはピョンって飛び越えたけど僕には無理。

しばらく道路のあっち側にモモ。

こっち側に僕。

数メートル歩いたけど危なくて仕方ない。

監督が板を抱えて走ってきて板を穴に渡し「この上をどうぞ」って。

その歩み板を渡りようやくお散歩へ。

ヒャッホー!ってはしゃぐモモ。

工事の音にぶるぶる震えてたのが嘘みたい。

散歩からウチに帰ったら家の前に渡し板が架けてありました。

幅2mほどの穴を渡し板にのって歩くのはちょっと不安定でしたが恐くはなかった。

僕は高所恐怖症じゃないのでへっちゃらへっちゃら。

モモも板の上をぴょこぴょこ歩いてウチの前まで行ったらまた逆戻り。

そしてまたお家へ逆戻り。

気に入った様子。

『こらこら!遊び場じゃないんだから!』

しばらくして工事が終り監督が菓子折りを持ってお詫びに来ました。

ミオは大興奮!

僕はそんなことしていただかなくても・・・と辞退したんですが監督がご迷惑かけたからって。

結局気持ちだけ受け取りました。

モモとミオ。

工事の音に対して反応が全く違うな~。と思った僕でした。

:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+

最後までお付き合いいただきありがとうございました。

とても嬉しいです。

|

« 実家で食事。 | トップページ | 工事。 »

ペット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/129810/53020224

この記事へのトラックバック一覧です: 工事。:

« 実家で食事。 | トップページ | 工事。 »