« ワンコの遺体 第二章 | トップページ | ワンコの遺体 最終章。 »

ワンコの遺体 第3章

車にはねられて病院へ運んだものの亡くなったワンコ。

その飼い主さんに連絡をとりました。

『あの~。○○と申しますが迷い犬を捜してらっしゃるとのチラシを見て・・・』

「はい。じゅうべえという名前なんですが。」

『車にはねられて倒れてるところを見つけて病院まで運んだんですが

残念ながら亡くなったワンコちゃんにそっくりなので・・・。もしやと思い。

首輪を預ってるんで・・・』

「今から是非○○さんのお宅に伺いたいんですがいいでしょうか。」

『はい。お待ちしてます。』

10分ほど後飼い主さんがウチへやってまいりました。

まず首輪を見せるとじゅうべえちゃんがしてた首輪に間違いないとのこと。

事の顚末をくわしくお話して運んだ獣医さんのこともお話しました。

その間飼い主さんはずっと聞いててくれました。

『僕はやっぱり最期を看取った者として形見の首輪をお返しすべきだと思いまして・・・』と伝えると

「ありがとうございました。病院にまで運んでいただいて・・・。

お車汚したんじゃないですか?

最期を看取ってくださった方がいらっしゃっただけで供養になるうえに

形見として首輪まで持っていただいてたとは。

本当にありがとうございました。

病院代お支払いします。」

『いえ。病院代なんて受け取れないです。

僕がもっとはやく見つけてれば助かったかもしれないのに。そんな・・・』

とのやり取り。

最後に深深と頭をさげられ形見の首輪を握りしめて

涙目の飼い主さん。

本当に切ない・・・。

僕も先代モモを亡くしてまだそう日にちが経ってないので

愛するワンコを亡くした気持ちはよくわかります。

じゅうべえちゃん。

やっと飼い主さんに巡り会えたね。

遅くなってごめんね。

助けてあげられなくてごめんね。

天国から飼い主さんを見守ってあげてね。

|

« ワンコの遺体 第二章 | トップページ | ワンコの遺体 最終章。 »

ペット」カテゴリの記事

コメント

やっと 帰れたんですね。。。
きっと今頃 飼い主さんに甘えてるかなweep
よかった。。。
モモパパさん お疲れ様でした。
モモパパさんも辛かったですよね。尊敬しますsign01
自分だったら どこまでできたかわからないです。
本当にお疲れさまです。。モモミオちゃんもお疲れ様happy01

投稿: maron-go | 2010年12月 5日 (日) 11時06分

じゅうべいちゃん、モモパパのおかげで
大好きな、飼い主さんのもとに帰れて良かったです。
モモパパさん、本当にご苦労様でした。

投稿: ピクシーパパ | 2010年12月 5日 (日) 11時37分

モモパパさんも、飼い主さんも、どんなにつらい時間だっただろう。。
でも、これでじゅうべえちゃんは愛する家族のもとに帰れて、安心したと思います。
大変でしたね。。
ペットも人間も、命の重さは同じ。
身にしみますね。。

投稿: じゃまいここ | 2010年12月 5日 (日) 12時26分

じゅうべえ…
お友達のワンコと同じ名前です weep
 
モモパパさん、お疲れ様でした。
立派なことをなさったと思います。
迷っていた気持ちも、きっと
じゅうべえ君のご家族にとっては
ありがたい弔意だったのではないでしょうか。。


投稿: シエ子 | 2010年12月 5日 (日) 12時32分

じゅうべえくん・・・
良かったと思います。
首輪も飼い主の元に無事返って・・・
 
weepweep
 
 
 
こんなときに、すいませんが
僕はアメブロに移転いたしました。
まえのとこに貼り付けてあるので、ぜひきてください
こんなときにすいません・・・

投稿: メロ | 2010年12月 5日 (日) 14時11分

よかったね
じゅうべえ君もこれで安心して虹の橋でお父さんとお母さんを待てますよ

行方不明のままだったらいつまで経ってもわずかな望みを捨て切れずに苦しみ続けるところだった飼い主さんもこれで気持ちに区切りがつくでしょう
この次、新しい家族を迎える機会があったら、こんどこそはちゃんと名札と鑑札をつけてあげて欲しいですね
きっと、そうしてくださるでしょうね
パパさん、辛かったでしょうけど告げてみればその方がずっとよかったでしょ?
疑われるかもしれないなんてこと、思っちゃダメですよ 会って話せばパパさんがそういう方じゃないぐらい誰にだって分かります
「おにいちゃん、よくがんばりました^^」って先代モモちゃんもモモ&ミオちゃんも褒めてくれてるんじゃないですか?
おつかれさまでした

投稿: Akiki | 2010年12月 5日 (日) 16時46分

よかったぁ  ホントよかった!
モモパパさんお辛いのに
ありがとうございました。
飼い主さんのもとへ無事に形見の首輪も戻り
飼い主さんもじゅうべえちゃんも安心されたことと思います。
モモパパさんお疲れ様でした。

投稿: リ-ママ | 2010年12月 5日 (日) 16時47分

モモパパさん
辛かったけどご苦労様でした。
でも良かったです
ちゃんと飼い主さんの元へ帰ることができて。
飼い主さんも悲しいけど少しずつ現実を受け入れてくれることでしょう。
じゅうべえちゃんも”おにいちゃん、ホントにありがとう”って言ってくれてますよ

投稿: らんぷーまま | 2010年12月 5日 (日) 19時51分

良かったです、じゅうべえちゃん、家族の元に帰れたんですね。
飼い主の方に話すの、辛い現実でしたよね。
モモパパ様、お疲れ様でした。
じゅうべえちゃん、とても喜んでくれていると思います。

投稿: すみこ | 2010年12月 5日 (日) 22時33分

じゅうべえくんも、家に帰ることができて
ご家族も辛いけれど、それでも事実を受け止めて先に進めるようになると思いますよweep
モモパパさん、お疲れさまでしたconfident

動物愛護法により、道路や公共施設で所有者不明の負傷動物を見かけたとき、見つけた方には保護する義務があるんですが、
その際に、
そのお住まいの獣医師会のHPを確認すると
その業務を委託されてる獣医さんがいて
そこに連れていくと、最低限の治療はしてくれますし、振興局を通じて税金で処置してくれるはずだと思いますよ。
自治体で違うのかもしれませんが、知っておくとよい知識になると思います。

投稿: ジャガビー☆ | 2010年12月 5日 (日) 23時52分

じゅうべえ君か。男の子だったんですねー。
飼い主さん…今は辛いだろうけど、これで区切りがつくと思います。早く立ち直ってくれればいいな。。

モモパパさん、大役お疲れ様でした!後は見守りましょう。

投稿: たろうママ | 2010年12月 5日 (日) 23時59分

maron-goさん
事実を伝えるのはちょっとこたえました。
でも飼い主さんの気持ちを考えると放ってはおけないと覚悟して連絡をとりましたよ。
もうすでに電柱のチラシは撤去されてました。

ピクシーパパさん
勝手に首輪を外して持ち帰ったのだから形見の品を飼い主さんにお返しすべきだと覚悟しました。
真実はつたえなきゃの思いでした。

じゃまいここさん
僕よりも飼い主さんのほうが辛かったはず。
生きて迷子になってるか安否を気遣ったはず。
それに比べたら僕なんて・・・。
でも正直ちょっと辛かったです。

シエ子さん
飼い主さんが納得してくださってちょっと落ち着きました。
じゅうべえちゃんの命はあまりにも短すぎ切なさ通り越して泣けてきちゃいます。

メロさん
優しいお言葉ありがとうございます。
伝えるのはちょっとこたえたけど・・・。
これからもメロさんのブログ楽しみにしてますよ^^。

Akikiさん
やっと飼い主さんと巡り会えた。
じゅうべえちゃん。
僕は何故迷ってたのか?
やっぱり残酷な結果とは言え真実を伝えなきゃ飼い主さんにとって辛い日々を過ごさねばならない。
そんなことを学びました。

リーママさん
やっぱり残念な結果とはいえ真実をつたえなきゃ
飼い主さんはいつまでも辛い思いをしなきゃならない。
ちょっと僕にはこたえましたが。

らんぷーままさん
僕なんかより飼い主さんの方が辛かったと思います。
事実を伝えて形見の品をお返しできてよかった。
飼い主さんの悲しみが一日でもはやくいやされることを願ってやまないです。

すみこさん
ようやくじゅうべいちゃんをご家族の方に戻すことができました。
形見の首輪だけとはいえ・・・。
じゅうべえちゃんには安らかに眠ってほしいです。

ジャガピー☆さん
僕より飼い主さんの方が辛かったと思います。
じゅうべえちゃんはかわいそうな結果となりましたが。
勉強になりました。
ありがとうございました。

たろうママさん
じゅうべえちゃんを助けられなかったことに悔いが残りますが形見だけでもお返しすることが出来てよかったです。
ことの顚末を伝えるときはちょっとこたえましたが・・・。

投稿: モモのパパ | 2010年12月 6日 (月) 08時01分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/129810/50215207

この記事へのトラックバック一覧です: ワンコの遺体 第3章:

« ワンコの遺体 第二章 | トップページ | ワンコの遺体 最終章。 »