« 2010年11月 | トップページ | 2011年1月 »

良いお年を!

本日二回目の更新記事です。

な、なんと!

モモがお外に出ました。

あの日からずっとお外に出てないモモ。

お昼頃玄関でウロウロしてるモモをみて

『もしかしてお外の空気をすいたいのかな?』と思い

ちょっとだけお外に出してみました。

するとモモは・・・

しっぽをふって大喜び!

この変化に驚いた僕は念のため係りつけの獣医さんの最終診療日の今日

診てもらいに行きました。

「う~~ん。これほどまでに回復するとは。」

と獣医さんも驚き。

やっと光がみえてきました。

「この調子ならすこしお出かけしてもいいですよ。」とのお言葉。

実家の母親も兄貴夫婦もモモの具合を心配してました。

その報告と母親からの「今日からモモとミオを連れておいでよ。」

の言葉に今日の夕方から実家にモモミオ共々出かけます。

もちろん念には念を入れて獣医さんにはなにかあったときに診てもらえるように

お願いしてあります。

獣医さんは実家のすぐそばにあるので心おきなく出かけられます。

皆様。

今年一年、先代モモの死。

ミオの誕生などいろいろありましたが

最後の最後にこんなうれしい出来事はありません。

これもひとえに皆様の温かい励ましのお声があっての賜物です。

誠にありがとうございました。

皆様の2011年に幸多からんことを願います。

良いお年をお迎えできることを願ってやみません。

また来年からもモモのブログをよろしくお願いいたします。

6_309

「みなちゃま。よいお年をでちゅ。」

5_144_2

皆様。ワタシのことでご心配かけました。

おにいちゃんが万が一のことを考えて獣医さんに約束してくれた

おかげで外出ができるの!

年の瀬を迎えた時期に皆様の励ましのお声に励まされたよ。

ホントーにありがとうございました。

2011年。

皆様に幸多からんことを願ってます。

良いお年を!

| | コメント (16) | トラックバック (0)

モモのその後。

皆様。

モモのことでご心配おかけしております。

誠に申し訳ありません。

モモは係りつけの獣医さんの検査で脊髄損傷でないことがわかり

ホッとしている次第です。

でもまだ立ち上がって歩くのもやっとといった感じです。

夜中にカチャカチャ歩き廻る音がして

ミオかな?と思い起き上がると

なんと・・・

モモでした!

足をびっこひきずりながらも歩いてる!

僕のそばに来てしっぽ振ってる!

ぼくの顔をペロペロなめてくれる!

ぼくの顔をジッとみてる!

あんなに痛そうに苦しそうにまぶたをジッと閉じて横になってたのが

嘘みたいな回復ぶり!

やっぱり係りつけの獣医さんに診てもらってよかった!

年の瀬も押し迫ってきた時に起こったアクシデント。

もしかしたらモモは年内にも・・・?

とネガティブなことばかり考えてた僕。

モモは必死に頑張ってくれました!

5_285

歩くと疲れてしまうのかすぐ横になってしまうモモ・・・。

でも僕にとっては何事にもかえがたい嬉しさでいっぱいです。

がんばったな!

モモ!

6_039

ミオやおにいちゃんを残して旅立つなんてことはしたくないから

ワタシがんばってるよ!

| | コメント (4) | トラックバック (0)

モモ。回復の兆し!

みなさま。

皆様の応援のかいあってモモに回復の兆しがみえてきました。

ここのところモモが心配で徹夜続きだった僕。

その目の前で

立ち上がりフラフラしながらも

2,3歩歩いてくれました!

それまで毛布にくるまり湯たんぽで体をあたためながらも

ジッとまぶたを閉じたまま横たわってたモモ。

床ずれしないようにちょくちょくモモの体の向きを変えたりして

ろくすっぽ寝てなかった僕。

ミオもママであるモモの異変に気付き

モモの上に覆いかぶさって温めてました。

『モモが重いと思ってるかも』とミオを抱き上げてモモの上から動かしても

すぐさまモモの上に覆いかぶさり頑として動きませんでした。

親子だからかつながった異変のシンパシー。

回復の兆しに驚き

そして

うれしい・・・。

| | コメント (20) | トラックバック (0)

モモのその後・・・。あの時僕は。

皆様。

ご心配をおかけしてます。

昨日の更新は夜中3時半ごろ行ったものです。

実家から帰って来て異変に気付き

すぐ係りつけの獣医さんに電話するも留守電。

何度も何度も電話しました。

その他他の病院へも電話しましたがどこも出てくれません。

その間モモは悲痛な鳴き声をだすばかり・・・。

焦って焦って・・・。

日曜日。

電話帳で調べた日曜日も診察していただける

初めての獣医さんに朝電話しました。

運良く連絡が出来、電話で症状を詳しく聞かれ「すぐ来てください」と言われ直行!

何ぶん初めて行く病院。

散々道に迷いその間車の後部座席に横たわってるモモは

ブルブル震えてました。

到着すると『ありゃ。ちっちゃな病院。』と失礼ながら思ってしまいました。

でもそんなことは言ってられない。

早速診てもらいました。

かかりつけの獣医さんではないので今までの既往歴のカルテがなく

いろんなことを聞かれました。

何歳?今まで出産したことは?いつ仔犬が産まれた?

今まで病気したことは?この状態にいつ気付いた?その後変化あったか?

かかりつけの獣医さんも必ず聞くでしょうね。

でもかかりつけの獣医さんなら知ってることも聞かれて

焦ってる僕は何がなんだか分からないような返答をしたかもしれません。

いろいろ体温計測、触診、レントゲンなどした結果

「脊髄損傷の可能性がありますね。

もっと気になるのがあまりにも低すぎる体温ですね。

34度しかありません。」

僕は『もしかして命に関わるとか?』と聞くと

「このまま体温が上がらないとその可能性もあります。

とにかく暖かいところで毛布にくるんであげて湯たんぽなんかで

体を温めてやってください。」とのこと。

「脊髄損傷についてはあくまで可能性としかいえません。

ここでの施設ではそこまでは調べられないんです。

もし脊髄損傷なら今こうして後足が立たないのも説明つくんですが

下半身に神経が行き届いてないならこうしてしっぽは振れないはず。

ぐったりしてるけど前足はたまに動かすしとりあえず痛み止めの注射と

お薬を出します。」

家に帰るとかかりつけの獣医さんから電話があり

「何度も電話くれたようですね。

泊りがけで出かけてて着信番号から電話しました。」とのこと。

話をきいてくれた先生はとにかく絶対安静!

もしひどいようだったら連れて来てください。

ウチで検査するから。

とありがたいお言葉。

今、モモは3枚の毛布にくるまり湯たんぽで温めてます。

でもジッとしたまま動きません。

なんでこんなことになっちゃったんだろう・・・?

| | コメント (13) | トラックバック (0)

緊急報告です!力を分けてください!

皆様!

モモが急に体調に異変を現し

息も絶え絶えで生死の境をさまよっています!

足腰が立たず何も食べることもできません!

25日夕方まではいつもどおりのモモだったのに。

実家から帰ってきたら

こんな状態になってました。

まさか・・

ぐったりしてかすかに

助けてって言ってるかのように

鳴いてます。

まさか・・・

まさか・・・

モモは全く動けません。

徹夜で看病したんですが

回復の兆しも見えず。

皆様!

モモに力を分けてやってください!

今こうしてパソコンをうってる僕は

涙で前が見えません

どうかお願いです

モモに皆様のパワーを送ってやってください!

勝手なお願いですが

もうそれしか思いつきません

あまりに急なことなので

パニックになってます。

どうかお願いです。

モモを助けると思って力を分けてください!

| | コメント (14) | トラックバック (0)

Merry X’mas!

メリークリスマスsign01

今日は恋人たちの日。

そしてみんなの日。

明日もあるけどね。

そんなこんなでクリスマスイブを迎えたモモパパ家。

僕とモモとミオは特に変ったことはナシ・・・。

今朝も早くにミオがドタバタ。

お散歩行けば行ったで市会議員さんがワンコの散歩してる人を見てまわってるし。

あそこまでいくと意地なんでしょうね。

あんまり気分のいいモンじゃありません。

おっと話が脱線。

今日はクリスマスイブということで・・・

『モモsign01ミオsign01クリスマスケーキつくるぞsign03

5_208

えっsign01ホントッsign02

お手伝いするっsign01

6_335

「クリスマスケーキってなんでちゅか?」

『とってもおいしいものだ。』

じゅ~んびnotesじゅんびnotesじゅんびったらじゅ~んびnotes

ありゃ~。

小麦粉がない。

ケーキつくるのって意外とお金かかる。

『誠に申し訳ないがコンビニケーキでいいか?』

6_230

うんsign01いいよsign01

「おいしいものならなんでもいいでちゅsign01

うふふっ。

楽しみだわheart04

「ケーキって初めてでちゅheart02ワクワクしまちゅhappy01

『食べすぎには注意だぞっsign01

は~い。

「ハイでちゅ。」

| | コメント (14) | トラックバック (0)

ミオ転落!

いやー。

びっくりしました。

昨日の夜。

ぬいぐるみをくわえてドタバタおウチの中を駆け回ってたミオ。

ハイテンションモードのスイッチがONupupになったのか

ぬいぐるみを口にくわえ離さずいろんなところをドタバタdash

いつスイッチがONになるかわかりません。

しまいには階段を登ったり降りたり・・・。

ダダダダダダッsign01って階段を登る音がしたあとに

ドタンバタンズドンッsign01って音が。

見に行くと階段下で放心状態のミオ。

『階段から落っこちたのかsign03大丈夫かsign02』と焦ってsweat01

骨折などしてないかと体を確かめました。

するとミオはブルブルッと体を震わし何事もなかったように

またヌイグルミをくわえドタバタdash

しばらく見てましたが足などを引きずる様子もなく

どうやら大丈夫な様子。

ホッとしましたcoldsweats01

大事に至らずよかった~~~。

6_175

「エヘへへ。こけちゃいまちたでちゅ。大丈夫でちゅよ。」

5_218

んも~。ミオちゃんたら~。

ぬいぐるみ散らかしっぱなしにして~。

片付けるわよっannoy

| | コメント (15) | トラックバック (0)

二代目じゅうべえちゃん。

いやー。

寒いですね。

ただいまモモのお散歩から帰って来て震える手でぱちぱち打ってます。

手袋しなきゃ。

昨日の夕方のことです。

モモとお散歩してたら向こうからMIX犬を連れた方がやってきました。

『どっかで見たことのある奥さんだな~。』

と思いつつ挨拶したらむこうから

【先日は大変お世話かけました。】と言われアッ!と思い出しました。

以前このブログで〖ワンコの遺体〗シリーズ記事で車にはねられ

瀕死の状態で病院へ運んだものの力およばず亡くなってしまったワンコ。

じゅうべえちゃんの飼い主さんでした。

僕は『あの時は残念でした。』と言うと奥さんは

【いえ。○○さんのおかげで最期はひとりぼっちで息を引き取らなかったことに感謝してます。】

『あたらしいワンちゃんですか?』と僕が聞くと

【ええ。じゅうべえの死んだ後寂しくって動物愛護センターから譲ってもらったんです。

まだ1週間たってないですけど。】と奥さん。

【名前は二代目じゅうべえってつけちゃったのよ。フフフ。おかしいでしょ。】

『いえ。そんな、そんな。ウチのこの娘も前に飼ってたわんこの名前を引き継いで

二代目モモっていうんですよ。』と僕。

二代目じゅうべえちゃんは凛々しくてとっても賢そう。

お話をしてる間二代目じゅうべえちゃんとモモはお鼻をつんつんしてご挨拶。

お友達になった様子。

ひとつの命が亡くなり、新しい家族として迎え入れられた二代目じゅうべえちゃん。

きっと大切にされ幸せな日々を送るんでしょうね。

またひとつの命が幸せをつかみました。

これからもよろしくね。

二代目じゅうべえちゃん。happy01

5_244

二代目じゅうべえちゃんとお友達になったよsign01

あ~ぁ。

また逢いたいなlovely

| | コメント (14) | トラックバック (0)

ミオと一緒に。

いやー。

さぶいっ!

モモの朝のお散歩もこたえる様になってきました。

真っ暗の中でワンコのお散歩をしてる人も見かけなくなりました。

さて。

僕のパソコンVAIOくん。

修理を終えて復活しました。

よかった~。

これからもよろしく。VAIOくん。

そんなこんなで・・・

最近ミオは夜中に僕の布団に潜り込んできます。

気付くとミオは僕の腕を枕にスースー寝息をたてておりまする。

いつ潜り込んできたのか全く気付きませんでしたヨ。

6_289

ミオはお布団の中の温かさを学習したもよう・・・。

「お布団の中はあったかいでちゅよsign01

ミオのポカポカ体温とともに一緒に寝る。

飼い主冥利に尽きまする。

一方モモは夜になるとソファーの上で爆睡sleepy

ゆすっても起きません。

ミオと一緒に寝てる姿を見られたら

ワタシもsign03

ってなることは必然・・・かな・・・?

| | コメント (11) | トラックバック (0)

流れ星。

今日も無事たちあがってくれた僕のパソコン。

毎日電源をONにするたびヒヤヒヤします。

頑張れ!

VAIOくん!

そんなこんなで・・・

先日朝のモモのお散歩でうまれてこのかた初めて流れ星を見ました。

5_133

『どこ歩いてるんだよ。モモ。側溝なんか歩いて。gawk

5_214

おにいちゃん。

ここから先は真っ暗よsign01

あぶないからワタシのあとにしっかりついてきてsign01

『はい、はい。』

うーーーん。

寒いと夜空もくっきり星が見えるなー

などと思いつつ歩いておりました。

その時sign01

夜空にひと際明るい星が2つピューーッと流れていきました。

5_216

『あっsign01流れ星だsign03初めて見た~~happy02。』

えっ。

ドコドコ?

『残念ながらもう消えちゃったヨ。』

あり?

もう消えちゃったの?

んん~~~~。

残念。sad

お願い事いっぱいあったのに・・・。

『流れ星が消える前に願い事3回お願いしなくちゃダメなんだぞ。

お願い事ってナンだ?』

エヘへへ。

内緒だよ~~。heart04

| | コメント (13) | トラックバック (0)

嗚呼、ミオよ・・・。

皆様。

最近パソコンの調子が悪くWindowsがたちあがらないことしばしば・・・。

お返事が遅れてることをお許しください。

もうこのパソコンも寿命が近づいてるのかな・・・。

電源入れるとカタカタ音がするし。

さて今日は無事たちあがったので

いつものモモミオ、いってみよーsign01

昨晩夜中。

僕が寝てたらsleepyなんだか急に首を絞められてるような夢が・・・

夢か現実か・・・?

もし季節はずれの幽霊だったら超コワイ。

しかし実際に苦しい。

パッと目を覚ますと・・・

ミオの仕業です。

なんとミオが僕の首にあごをのせて枕代わりに寝てました。

『ミオッ。おまえかいっsign01

6_287

「うーーーーん。ちぇっかく気持ちよく寝てたのに。なんでちゅか?」

あぁ、ミオよ。

なぜ飼い主の僕にそんなことをする・・・downdown

6_040

しかたないわよ。

ミオちゃんはまだまだお子ちゃまなんだから。

ふぁぁぁ~。

ワタシも眠いよgawk

おにいちゃん。

ワタシ寝るね。

『お、おう。』

あぁミオよ・・・。

最近フライングボディーアタックしなくなったと思ったら

今度はこれか・・・。

| | コメント (10) | トラックバック (0)

トムとジェリー。

今日は短い記事になることをお許しください。

先日TSUTAYAで「トムとジェリー」のDVDを買いました。

うわっ!

なつかしい!

と思われた方は年齢がバレますぞ^^。

僕が子供時代に慣れ親しんだアメリカのアニメ。

やっぱり何度見てもいくつになっても面白いっ!

ジェリーの仕掛けた罠にまんまと引っ掛かるトム。

子供の頃から見てても大爆笑のオンパレード。

何年経っても通用する笑い。

もう50年以上前の作品なのに笑いのポイントがいまだ色あせないのがスゴイ!

DVDを大人買いしちゃいました。happy01

| | コメント (10) | トラックバック (0)

酔っ払い、帰宅。

土曜日のことです。

実家でお鍋をつつきしこたま兄貴とお酒を飲んだモモパパ。

飲みすぎました。

お酒を飲むと分かってたので実家へは迎えに来てもらい

帰りも送ってってくれるというのが頭にあったので、つい・・・。

海老蔵さんじゃないけれどもほとんど泥酔。

玄関で転び、

廊下でしりもち・・・。

そんなモモパパを冷ややかな目で見るモモミオ。

6_337

『いよっ!おふたりさん。ごきげんか~い?』

帰ってきた、帰ってきた。

酔っ払いが。

お土産もなしに。

もうっ!

しらないっ!annoy

「パパッ!

のみちゅぎでちゅよっ!!」

『は、はい。すんません・・・。』

翌日いろんなところに青あざができていました。

反省・・・。

| | コメント (15) | トラックバック (0)

実家へ行っちゃうのん?

『モモにミオ。

今日パパは実家で晩ご飯食べるから

お留守番よろしくな。』

6_302

イヤよ!

一緒に行きたい!

「そうでちゅ!」

・・・と

駄々をこねるおふたりさんです・・・。

| | コメント (9) | トラックバック (0)

ワンコの糞 放置撲滅運動その②

昨日の記事でモモを病院へ連れて行くと書きました。

んで・・・

検査を色々して

結果は・・・。

特に異常なしでした。

当日朝したう○ち君を持参して嘔吐物の色を聞かれたり熱をはかったり

かなり緊張しましたがホッとしましたヨ。

ご心配おかけしました。

m(. ̄  ̄.)mス・スイマセーン

ところで

以前記事にしたこともある市会議員さんのワンコの糞放置撲滅運動。

たった一人でやってます。

今朝も朝5時台から車でグルグル見回ってましたヨ。

その市会議員さんは僕が子供の頃からお世話になった方。

旧知の間柄です。

今朝も「○○く~ん」と声をかけられ

「今お散歩してた犬とすれ違ったりしなかった?」との言葉。

僕は

『だいたいこの時間帯にお散歩してる子は限られてますよ。

僕の知る限り。』

と答えました。

ここ数日見回ってなかったら放置してある糞が急増した様子。

僕は朝早くから毎日声をかけられるのに多少うんざりして

お散歩コースを変えたんですがそのコースも糞が放置してあります。

以前市会議員さんは糞を放置した人と喧嘩スレスレにもめたことがあるのに・・・。

めげずに一人でやってます。

立派だと思います。

でも今朝は

「○○君のワンちゃん。今朝う○ちした?」と聞かれ

なんだか僕が疑われてた感じが・・・

ここでバシッと僕は

『しましたよ。これです。』とビニール袋を見せました。

「そうか。ごめんね~。」と車でまた見回りをしてました。

僕が疑われてたとは考えすぎなんでしょうが

ちょっぴり後味が悪かったです。

元はといえば糞を放置していく輩が悪いのじゃ!

5_173

そうなんだよね~。

ワタシはおにいちゃんがひろってくれるから

胸を張ってお散歩できるけどネッ!

いたちごっこが続きそうです。。。

| | コメント (10) | トラックバック (0)

モモぐったり。

夜中。

モモが突然ガバッと起き出しトイレシートの元へ・・・。

オエッ、オエッとしてたので

すぐモモのところへ行きました。

今まで見てきた感じで

『あ~。こりゃもどすな~。』

と思い背中をさすると

思った通り泡状の液体を吐きました。

先代モモも胃腸の調子が悪い時は自分から草を食べ

吐き戻したりしてました。

モモも同じことをやってました。

でも今回は草を食べてない。

いままではもどした嘔吐物のなかに草がまじってたので

それとわかったんですが今回は異常なものは見当たらず。

『あれー。おかしいなー?』

モモは吐いた後すぐトコトコ歩いてまた眠りにつきました。

フーと大きなため息をついて・・・

その後しばらく様子をみてたらそのうちいびきをかいて寝ちゃったので

『まぁ、こういうこともあるだろう。』

と楽観的に考えてました。

朝になっていつもお散歩ウキウキなはずのモモがなかなか起きてきません。

しばらくして玄関に現れたモモは心なしか元気が無い。

用を足したらすぐ帰りたがります。

こりゃおかしいと思いこれから病院hospitalへ連れて行きます。

5_113

まるくなって寝てるモモ。

何事もなければいいけど・・・。

(一部嘔吐物など食事中のかたにはお見苦しい表現があったことをお詫びします)

| | コメント (14) | トラックバック (0)

ミオ軍曹、大活躍!

きのうのことです。

ミオが玄関でしきりに吠えるので何事かと思い玄関まで行きました。

ミオはモモ同様滅多に吠えません。

『郵便屋さんか宅配便でも来たのかな~。』と思い玄関を開けると

・・・

・・・

・・・。

ウチのガレージの前で自転車でコケて泣いてる男の子がいます。

3~4歳ぐらいでしょうか。

『僕。

どうしたの?

ころんじゃったの?』

と問いかけました。

すると男の子はコクンとうなずいてまだ涙目。weep

『怪我してない?

どれどれ。

おじさんにみせて。』

ひざをすりむいた様子。

『あぁ~~。こりゃ痛いね~。

チョット待ってて。

絆創膏はってあげるから。』と僕。

マキロンとバンドエイドをもって戻り

消毒した後バンドエイドをペタリ。

『大丈夫?

ひとりでおウチに帰れる?』

しずかにうなずく男の子。

別におウチまで送ってってもよかったんですが

男の子の自主性に任せました。scissors

それにしても何の音もしなかったのに気配だけを感じ取り

外でおきてる異常を僕に伝えたミオ。

おまえはすごいっ!

6_197

「えへへへっ。ちゅごいでちょ。」happy02

あなた様にはちくわを贈呈いたしますぞ。

そして階級も一等兵から軍曹に出世ですぞ。

その時モモ大佐は・・・

5_124 

寝てました・・・sleepy

| | コメント (13) | トラックバック (0)

ワンコの遺体 最終章。

ちょっと落ち込み気味の僕。

いまだにじゅうべえちゃんのコトを引きずっております。

モモのお散歩もややうつむき加減。

こういうところが僕の悪いところ。

済んでしまったことをいつまでもクヨクヨ考えてしまう。

「ワンコの遺体」に絡む記事を読んでくださった皆様に励まされたのに。

このままでは皆様とモモとミオに心配かけてしまうではないかっ!

モモミオは僕の変化に敏感だから。

亡くなったワンコ「じゅうべえちゃん」の飼い主さんと連絡がつき

形見の首輪をお返しして約一時間ほど経ったころ

飼い主さんがみかんを段ボールごと持ってきてくださり

「最期までじゅうべえを看取ってくれたお礼です。」とおっしゃいます。

これ以上固辞するのはかえって飼い主さんの気持ちのことを考えると

失礼かなと思い頭をさげていただくことにしました。

そんな時にも関わらずモモとミオは来客に喜んでシッポ振り振り愛想ふりまき。

モモにミオ。

ちょっと場の空気を読んでくれ~い。

って無理か。

「お願いがあるんです。じゅうべえが倒れてた場所を教えて欲しいんです。」

との言葉。

なるほど。当然といえば当然のこと。

現場にお連れしました。

飼い主さんはお花を供えて手を合わせておりました。

じゅうべえちゃんは3歳だったとのこと。

あまりにも早い最期だと思います。

今朝モモのお散歩でそこを通るとお花がまだ手向けられてました。

じゅうべえちゃん。

やすらかに眠ってください。

天国にいるウチの先代モモと仲良くしてくれるとうれしいな。

6_337

「じゅうべえちぇんぱい(先輩)。やちゅらかにねむってくだちゃい。」

| | コメント (14) | トラックバック (0)

ワンコの遺体 第3章

車にはねられて病院へ運んだものの亡くなったワンコ。

その飼い主さんに連絡をとりました。

『あの~。○○と申しますが迷い犬を捜してらっしゃるとのチラシを見て・・・』

「はい。じゅうべえという名前なんですが。」

『車にはねられて倒れてるところを見つけて病院まで運んだんですが

残念ながら亡くなったワンコちゃんにそっくりなので・・・。もしやと思い。

首輪を預ってるんで・・・』

「今から是非○○さんのお宅に伺いたいんですがいいでしょうか。」

『はい。お待ちしてます。』

10分ほど後飼い主さんがウチへやってまいりました。

まず首輪を見せるとじゅうべえちゃんがしてた首輪に間違いないとのこと。

事の顚末をくわしくお話して運んだ獣医さんのこともお話しました。

その間飼い主さんはずっと聞いててくれました。

『僕はやっぱり最期を看取った者として形見の首輪をお返しすべきだと思いまして・・・』と伝えると

「ありがとうございました。病院にまで運んでいただいて・・・。

お車汚したんじゃないですか?

最期を看取ってくださった方がいらっしゃっただけで供養になるうえに

形見として首輪まで持っていただいてたとは。

本当にありがとうございました。

病院代お支払いします。」

『いえ。病院代なんて受け取れないです。

僕がもっとはやく見つけてれば助かったかもしれないのに。そんな・・・』

とのやり取り。

最後に深深と頭をさげられ形見の首輪を握りしめて

涙目の飼い主さん。

本当に切ない・・・。

僕も先代モモを亡くしてまだそう日にちが経ってないので

愛するワンコを亡くした気持ちはよくわかります。

じゅうべえちゃん。

やっと飼い主さんに巡り会えたね。

遅くなってごめんね。

助けてあげられなくてごめんね。

天国から飼い主さんを見守ってあげてね。

| | コメント (12) | トラックバック (0)

ワンコの遺体 第二章

このモモパパ、迷っています。

なにかというと・・・

先日記事にした「ワンコの遺体」で亡くなったワンコ。

その飼い主さんが今でも必死に捜してらっしゃるのです。

きっかけはモモのお散歩中、電柱に貼ってあった迷い犬捜してます!のチラシ。

何本もの電柱に貼ってありました。

手作りで必死さが伝わって来ます。

「また迷い犬か~。」と思いそのチラシのワンコの写真をみると・・・

ハイ。

皆様のご想像通り、

先日車にはねられてたのをモモが発見して僕が病院へ運んだものの

力及ばず亡くなったそのワンコだったんです。

被毛の柄も首輪も同じ。

実はそのワンコが亡くなった時いつか飼い主さんに渡そうと

僕は勝手ながら首輪を外して持ってたんです。

そのワンコの写真は生き生きとしてました。

生前が偲ばれます。

飼い主さんにその事実を伝えたいけど

あまりに残酷な事実。

でも飼い主さんは必死な思いで今も捜してる。

飼い主さんは僕と同じ住宅街の人。

首輪を持って『ワンコの最後を看取ったのは僕です。』

なんてノコノコ出向くなんてちょっと辛い・・・。

でも飼い主さんは安否を気遣っている。

この場合やっぱり一刻もはやく僕が見たこと感じたことを伝え

遺品の首輪をお返しにあがるのが筋なんでしょうね。

でも飼い主さんに残酷な事実を伝えるのが辛い。

極端かもしれませんが僕が殺したんじゃないか?

って思われちゃうかも。

考えすぎか・・・?

5_324

おにいちゃん。やっぱり伝えるべきだよ。

『うん。そうかもな・・・。』

| | コメント (14) | トラックバック (0)

いつも一緒。

今年早くも年賀状作成に取り掛かったモモパパ。

毎年完成はギリギリで

『まだ大丈夫だろ。』

というあまーい気持ちが最後の最後になってバタバタと大慌て。

今年はそんな反省から着手しました。

今はCD付きの年賀状作成本があって便利ですねhappy01

そんな12月のスタートをむかえました。

モモミオはパソコンにむかってぱちぱち打ってる僕をいつも一緒に見つめてる。

考えてみると・・・

6_061

こんな時から

6_120

ちょっと大きくなったこんな時も

6_164

いつもモモママと一緒。

(まだ赤ちゃんだったから当たり前か。)

でも今でも

6_302 6_254

モモがいるところにミオがいる。

ミオがいるところにモモがいる。

ひとりで行動してるのはモモのお散歩ぐらい。

ミオは玄関でモモの帰りを待ってる。

いっつも一緒。

親子仲良しだな~confident

| | コメント (16) | トラックバック (0)

ミオのあんよ。

いやー。

今日から12月ですよ。12月。

きのうはいろいろやらなければいけないことがあり

役場へ4往復。

書類の不備な点を一度に指摘してくれればいいのに・・・。

と不満だったモモパパ。angry

そんなモモパパを癒してくれるお二人さんといえば

そう。

モモとミオ。

こんな形でスタートした今日のモモミオのブログです。

よろしくお付き合いくださいませ。happy01

昨晩のことです。

ミオが3本足でピョコピョコ跳ねる様に歩いてたので

『また足どっかにぶつけて怪我したのか~?』

と思いかばって歩いてる足を触ってみました。

だがどこを触っても痛がる気配ナシ。

6_343

『んん~。こりゃまた爪を切らないといかんな~。』

などと思ってると

足の指と指の間に木片が・・・。

イヤ、刺さってたわけでなく挟まっていた。

これが気持ち悪かったのでしょう。

いったいどこでこんなものを・・・?coldsweats01

取ってやったら普通に歩き出し僕のひざの上へピョンとジャンプsign01

6_287

「ありがとでちゅ。」

と言ってるかのように僕を見つめるミオ。

ふごーーーっ!そんな目で見つめられるとっ!

ついつい甘甘になっちゃうモモパパ。

それにしてもあの木片いったいどこで挟まったんだろう?

| | コメント (12) | トラックバック (0)

« 2010年11月 | トップページ | 2011年1月 »